top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

色々考えましたが、キリのいい3月末で、5年と少しお世話になったバレエスタジオを辞めてきました。そして辞める旨をお伝えした時、先生やみんなの反応が想像していたのと全く違ったのです。


先生からは、毎週のコントが出来なくなって寂しいと言われ、同じスタジオの仲間からは、なぜか帰る時に沢山の拍手を浴びて帰ったのです。胸に熱いものが込み上げました。


私は今まで社会での競争や、勝ち負け、上下、損得、利害、そういったもので繋がった人間関係がほとんどでした。そんな希薄な関係ですから、他人は信用できない、というパターンも強く、まさかそんな対応をされるとは思いにもよらなかったのです。


パターン的には、受け入れられている場所を去るのはとても後ろ髪を引かれ、辞めるのをやめたくなりましたが、辞めるということがないと、この体験もできなかったと思います。

正直なところ、バレエの技術云々よりも、こういった関係性を育めたことが、私の宝となりました。


始めた頃は嫌で嫌で仕方がなかったバレエですが、最近はスタジオのみんなや先生とも屈託なく話ができ、男性一人だった場所も居心地の悪さを感じることもなく、沢山の女性の前で恥をかくことも厭わずにいられました。だからこそ、辞めどきとも思ったのです。当初の課題はクリアーできたなと。


そして次のやるべききことをやりに、前に進もうと思います。

バレエスタジオ皆様、貴重な体験をありがとうございました。

最新記事

すべて表示

自分に責任を持つ

自分に責任を持つって、苦手でした。なんだか罰ゲームのように何かを課せられているような、失敗できないような、そして自分に自信もなかったので、自分の行動や考えに責任を持つのが怖かったのです。そして最近思うのは、責任を持つも何も、そういう風にできているんじゃないか?という事です。 自分の考えには相応の答えを、自分の行動にも相応の答えを宇宙は与えるのだと思います。そして自分自身にも、自分の考えや思いには、

もっと気楽に

自分を観察しているとついつい厳しい目で自分をジャッジしてしまいます。それだけパターンに対してまだまだ負のイメージが私は強いのだと思いました。 そもそもパターンは誰もが持っていて当たり前のもの。だからワークも、自分を見ることも、もっと気楽に淡々とやっていいのだと思いました。 むしろ深刻にすればするほどワークに重さがでてきてしまいますし、自分を見る目も「ぐぬぬぬ〜!」どこか力が入って見ています。だから

bottom of page