top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

今週のバレエレッスンは、現実の自分をコンコンと分からされる内容でした。

バレエスタジオは、私以外全て女性の方ですが、その内の8割の方ができる高速ステップが全然できなかったのです。できない自分、皆んなより劣っている自分、どう逆立ちしてもこの差は埋められない、そんな現実を突きつけられました。

しかしながパターンは別で、メチャクチャ悔しい・・・なぜなら、女性にできて男の俺にできないなんて、悔しくて、自分に腹が立ってしょうがない。そんな思いをパターンは抱いていたんです。


しかし現実は残酷で、できないものはできない。そんなできないで終わったレッスンでした。

私はそんな自分に腹が立っていました。

当然パターンなので、今、語りかけをしている最中です。


そうだよね、男の俺が女性よりできないのは許せないと、あなたは思っているんだよね。


なぜならば、男の方が運動神経が優れているし、筋力も力もあって、上だと、あなたは思っているからなんだね。

だから女性より出来ない自分を知ると、腹が立って、ムカついて、悔しくて仕方がないと、あなたは思っているんだね。


男は強くなければいけない、弱い男はダメ、できない男はダメ、そんなことを小さい頃から教わって、私自身もそう思っていました。

そもそもできない自分であったり、弱い自分や、劣っている自分を受け入れるにはとても勇気が必要です。


下手くそでも、皆んなよりも劣っていて、できない自分でも、それを受け入れながらやっていく。

下手くそで、必死な自分でいいから、また来週頑張ろう。


プライドから降りて再出発です。




最新記事

すべて表示

魅了されている・・

自己の執着の源を発見するに従って、私たちは自分自身に魅了されているという、極めて重要な驚くべき発見にいたります。 私、真実と主観性より これを読んだ時、自分のパターンそのままだと思いました。 すごいと思われたい、負けたくない、自分は正しい、自分の方が上、思い通りじゃなきゃ嫌だ、全て自分に魅了されている言動です。まるで世界が自分中心で回っているかのよう!現実はそうではないのにです。実際は負けることも

心のカラクリ

昨日は心のケア講座にご参加くださりありがとうございました。 講座では心のカラクリをお伝えしていますが、私が初めて心のカラクリを学んだ時のことを思い出しました。それは私が初めてカウンセリングを受けた日のことです。その時カウンセリングの先生から、丁寧に優しく図を書いてもらって習ったのを覚えています。そして暫く大事に大事にその紙を持っていました。きっとこれが自分を助けてくれる、救ってくれると何とはなしに

ただそこにあるものとして

パターンに対して、パターンはいけないもの、ダメなもの、利己的で不快なもの、自他に迷惑をかけるもの、以前はそんな風に捉えていました。だってパターンのせいで苦しい思いもするし、怒られるし、まだ自分はそんなことに囚われているのかと自分を責めてしまうし、自分のレベルの低さを思い知ってしまい、そんな自分が受け入れられないし嫌だったんです。 でもパターンって本当に子供で、彼らが求めているものは、愛されたいとい

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page