top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

先月一杯でバレエスタジオを辞めた時、とても寂しい感覚を抱きました。

その体験を私の先生に話した時、その寂しさと共に生きることを教わりました。それがとても素敵なことだと思ったんです。寂しさに打ちひしがれて駄々をこね、元に戻ったり、また寂しさを埋めるためにその代わりを見つけることはよくあります。しかし、寂しさと共に生きるということは、それを受け入れ、寂しいけれども、良い体験として自分の中にしまっておく。それは大人にしかできないことです。


これは他にも言えることで、自分の弱さなども同じように、ただあるものとしてそれを受け入れ、共に生きていく。弱さを否定したり、ダメなものとして扱うのではなく、あって良いものとしてそれと共に生きていくんです。


きっと不安や恐れも同じように、そこから逃れるのではなく、あっていいものとして共に生きていくのだと思います。


成長とは、何も恐れがなくなったり、何も不安がなくなることではなく、それと共にいられることだと思いました。


無敵になるんじゃない、柔軟になっていくのです。

最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

Comentários


Os comentários foram desativados.
bottom of page