top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

まずは自分。という言葉がありますが、まずは自分の心を整えること、自分の心が整って初めて他人とまともなコミュニュケーションができるのだと思いました。


最近「俺様」や「プライド」そのパターンから降りて他人と話をしていると、明らかに違う景色が見えます。それは、壁がないということ。壁というのは、こちら側の色々な思いです。舐められたくないとか、負けたくないとか、どちらが上、という思いから解放されると、自分の言葉に裏表がなくなり、正直で円滑なコミュニュケーションが取れるというのがわかりました。


確かに自分の中で競争や比較があれば、他人と裸で話すなんてこと、出来るはずがありません。

裸で話すというのは、全て本音を言うということではなく、裏表のない状態で他人と接するということです。むしろ裏表のある状態で他人と接すると、自分に嘘をつくことになるので、それはそれは苦しいものです。


そこから降りる、というのは全て自分のためで、それができて初めて他のためになる気がします。

まずは自分から。

最新記事

すべて表示

仲間の成長

仲間の成長を願える自分でありたい。 グループで学んでいると、仲間の言動にパターンが引っかかることがあります。 ああ言われた、こう言われた、こうあるべきだ、などなど自分のパターンを知るには勿論いい機会なのですが、そのときは怒りや腹立たしさや、チッ!というパターンの感情があるので、コンニャロ〜と思い、相手のことを考える隙が生まれません。黒パターンはいつそうで、自分のことしか考えられないんです。 そこで

自立

彼女のいない今、一人で自分を支えていく、ということをしています。 具体的には、愛されたい、大切にされたい、認められたい、解って欲しい、守って欲しい、という思いを、今までは彼女が埋めて、満たしてくれていました。ですが一人になった今、そのようなパターンの思いを私が満たしていくことを、自分でしています。 他人を使って自分を支えてきたという領域から、自分で自分を支えるという、精神的な自立です。 私のパター

サポートデスク

先日PC関連のトラブルがあり、サポートデスクに連絡したところ、ここでは解らないということで違う部署へ回されました、そこでも解らないということでまた違う部署へ、その間も随分と待たされましたが、違う部署へ繋いでもらってもまだ解らないということで、私のイライラはMAXとなり「もういいです。切ります・・・」 その後暫くしてから自分のパターンを見にいくと「思い通りの結果を得られないのは嫌だ」というパターンを

Commentaires


Les commentaires ont été désactivés.
bottom of page