top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

まずは自分。という言葉がありますが、まずは自分の心を整えること、自分の心が整って初めて他人とまともなコミュニュケーションができるのだと思いました。


最近「俺様」や「プライド」そのパターンから降りて他人と話をしていると、明らかに違う景色が見えます。それは、壁がないということ。壁というのは、こちら側の色々な思いです。舐められたくないとか、負けたくないとか、どちらが上、という思いから解放されると、自分の言葉に裏表がなくなり、正直で円滑なコミュニュケーションが取れるというのがわかりました。


確かに自分の中で競争や比較があれば、他人と裸で話すなんてこと、出来るはずがありません。

裸で話すというのは、全て本音を言うということではなく、裏表のない状態で他人と接するということです。むしろ裏表のある状態で他人と接すると、自分に嘘をつくことになるので、それはそれは苦しいものです。


そこから降りる、というのは全て自分のためで、それができて初めて他のためになる気がします。

まずは自分から。

最新記事

すべて表示

自分に責任を持つ

自分に責任を持つって、苦手でした。なんだか罰ゲームのように何かを課せられているような、失敗できないような、そして自分に自信もなかったので、自分の行動や考えに責任を持つのが怖かったのです。そして最近思うのは、責任を持つも何も、そういう風にできているんじゃないか?という事です。 自分の考えには相応の答えを、自分の行動にも相応の答えを宇宙は与えるのだと思います。そして自分自身にも、自分の考えや思いには、

もっと気楽に

自分を観察しているとついつい厳しい目で自分をジャッジしてしまいます。それだけパターンに対してまだまだ負のイメージが私は強いのだと思いました。 そもそもパターンは誰もが持っていて当たり前のもの。だからワークも、自分を見ることも、もっと気楽に淡々とやっていいのだと思いました。 むしろ深刻にすればするほどワークに重さがでてきてしまいますし、自分を見る目も「ぐぬぬぬ〜!」どこか力が入って見ています。だから

bottom of page