top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

白黒ワークをしていると、白パターンの部屋の広がりや解放感、朗らかな居心地の良さにホッとして、いつまでもそこにいたい、そんな気持ちになります。しかしその逆の黒パターンの部屋は、窮屈で圧迫感があり、苦しさが伴います。どうしてこんな感じを受けるのだろう?と、考えていました。

それはきっと黒パターンには、自分を制限し、押さえつけ、こうであるべき、これが正しいと、決めつけや抑圧の力が働いているからだと思いました。それほど自分で自分にストレスを与えているのだと思います。


私はここが最初全く分からず、ストレスは他人から与えらているのだとばかり思っていました。

自分で自分にストレスを与えている?そんなバカな!ありえないだろ!そう思っていたのです。

ここを理解するのは結構難しいと思います。しかし、理解できるキッカケとなったのはここでのワークでした。それは自分で自分を楽にさせることができたからです。それは同時に、今まで自分で自分に制限やプレッシャーをかけ、自分自身を苦しめてきた。という現実でもありました。

全てが自分・・・そのことを初めて知るキッカケとなったのです。ガラガラと何かが崩れる感じもしました。しかしそれでもまだ、全て自分の問題だと受け入れることは出来ないでいたのです。


なぜなら怖かったからです。それを受け入れてしまったら、今までの自分を全て否定する事になる、それは怖すぎる。そう思ったのです。


では今はどうか?と聞かれると、少しづつ全て自分の問題だと受け入れてきていると思います。

それは今取り組んでいる、他人や、あらゆる出来事から物事、自らのパターンなど、全てのものから自立をしたい、そう思っているからです。自立とはきっと、「私」として生きる。ということなのだと思いました。


最新記事

すべて表示

ただそこにあるものとして

パターンに対して、パターンはいけないもの、ダメなもの、利己的で不快なもの、自他に迷惑をかけるもの、以前はそんな風に捉えていました。だってパターンのせいで苦しい思いもするし、怒られるし、まだ自分はそんなことに囚われているのかと自分を責めてしまうし、自分のレベルの低さを思い知ってしまい、そんな自分が受け入れられないし嫌だったんです。 でもパターンって本当に子供で、彼らが求めているものは、愛されたいとい

引き受ける

自分の中に起こっていることを、全て引き受ける。 といっても「あんにゃろ〜あんなこと言いやがって、このやろ〜こんなことしやがって、ムカつくやつだ!」などと思うこともしばしばあります。そして改めて思うのは「と、あなたは思っているんだよね」という言葉を紡いで、結局全て自分の中で起こっていることは全部自分の問題なんだよな〜と、思えるようになったことが、私の最近の一番の変化だと思います。 この、思えるように

求めているもの

今改めて、本当に私が求めているものを考えています。 以前であれば、他より優れることやそれを証明できるもの、もしくは他より良い持ち物など、自分がどれだけそれがあることで幸せに成功しているか、そんな自慢ができるものだったと思います。また自由もありました。それはお金で買える自由です。時間や食事に、好きな時に好きなものを食べたり、したり、買えたりと、それこそパターンが望む自由です。 そして改めて考えると、

Commentaires


Les commentaires ont été désactivés.
bottom of page