• 渡邊 優

白黒ワークをしていると、白パターンの部屋の広がりや解放感、朗らかな居心地の良さにホッとして、いつまでもそこにいたい、そんな気持ちになります。しかしその逆の黒パターンの部屋は、窮屈で圧迫感があり、苦しさが伴います。どうしてこんな感じを受けるのだろう?と、考えていました。

それはきっと黒パターンには、自分を制限し、押さえつけ、こうであるべき、これが正しいと、決めつけや抑圧の力が働いているからだと思いました。それほど自分で自分にストレスを与えているのだと思います。


私はここが最初全く分からず、ストレスは他人から与えらているのだとばかり思っていました。

自分で自分にストレスを与えている?そんなバカな!ありえないだろ!そう思っていたのです。

ここを理解するのは結構難しいと思います。しかし、理解できるキッカケとなったのはここでのワークでした。それは自分で自分を楽にさせることができたからです。それは同時に、今まで自分で自分に制限やプレッシャーをかけ、自分自身を苦しめてきた。という現実でもありました。

全てが自分・・・そのことを初めて知るキッカケとなったのです。ガラガラと何かが崩れる感じもしました。しかしそれでもまだ、全て自分の問題だと受け入れることは出来ないでいたのです。


なぜなら怖かったからです。それを受け入れてしまったら、今までの自分を全て否定する事になる、それは怖すぎる。そう思ったのです。


では今はどうか?と聞かれると、少しづつ全て自分の問題だと受け入れてきていると思います。

それは今取り組んでいる、他人や、あらゆる出来事から物事、自らのパターンなど、全てのものから自立をしたい、そう思っているからです。自立とはきっと、「私」として生きる。ということなのだと思いました。


最新記事

すべて表示

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で

嫌なことがあったとき、苦しいことがあったとき、私は自然の中に入って緑の匂いを嗅いだり、土の匂いを嗅いだりして、心を落ち着かせるのに助けてもらっています。 そしていつも思うことですが、なんで自然はこんなに優しいのだろうと。 きっと何も見返りを求めずに、ジャッジなくただ与えているからだと思いました。 食物も、空気も、癒しも、何もかも与えてもらっています。 以前のセミナーで、宇宙は利他で出来ていると聞き

他人との比較は、無意識のうちにしていると思います。 私もそうでした。 他人と自分を比較し、時に自分はまだマシだと思い、安心したりします。 またその逆に、他人の方が優れていると思うと、自分はダメだと思い自己嫌悪に陥ります。 また他人からの評価も同じように、良い評価だと嬉しく優越感を感じ、悪い評価だと凹み自己嫌悪にこれまた陥ります。 そしてその次にやったのが、白パターンとしての、もう他人との比較や評価