• 渡邊 優

白黒ワークをしていると、白パターンの部屋の広がりや解放感、朗らかな居心地の良さにホッとして、いつまでもそこにいたい、そんな気持ちになります。しかしその逆の黒パターンの部屋は、窮屈で圧迫感があり、苦しさが伴います。どうしてこんな感じを受けるのだろう?と、考えていました。

それはきっと黒パターンには、自分を制限し、押さえつけ、こうであるべき、これが正しいと、決めつけや抑圧の力が働いているからだと思いました。それほど自分で自分にストレスを与えているのだと思います。


私はここが最初全く分からず、ストレスは他人から与えらているのだとばかり思っていました。

自分で自分にストレスを与えている?そんなバカな!ありえないだろ!そう思っていたのです。

ここを理解するのは結構難しいと思います。しかし、理解できるキッカケとなったのはここでのワークでした。それは自分で自分を楽にさせることができたからです。それは同時に、今まで自分で自分に制限やプレッシャーをかけ、自分自身を苦しめてきた。という現実でもありました。

全てが自分・・・そのことを初めて知るキッカケとなったのです。ガラガラと何かが崩れる感じもしました。しかしそれでもまだ、全て自分の問題だと受け入れることは出来ないでいたのです。


なぜなら怖かったからです。それを受け入れてしまったら、今までの自分を全て否定する事になる、それは怖すぎる。そう思ったのです。


では今はどうか?と聞かれると、少しづつ全て自分の問題だと受け入れてきていると思います。

それは今取り組んでいる、他人や、あらゆる出来事から物事、自らのパターンなど、全てのものから自立をしたい、そう思っているからです。自立とはきっと、「私」として生きる。ということなのだと思いました。


最新記事

すべて表示

祝!横浜高校 甲子園出場決定!

私の母校、横浜高校が夏の甲子園出場を決めました! 在学中にも一回甲子園へ行き、私も甲子園に応援に行きました。 人生の中で高校野球を見るために甲子園へ行く機会もそうそうないだろうとゆうことで、学校が用意してくれたバスで応援に行ったのです。 ザ男子校!というむさ苦しい男だらけでしたが、ガチの応援団(魁男塾なみ)が団旗を立て、張り裂けんばかりの大声を出して応援する姿は一見の価値がありました。 甲子園名物

自分にしかできない

ここのところワークをしていて思うのですが、私たちがやっているワークというのは、自分でやる、というのが大前提となっています。 誰かが代わりにやってくれるわけでもなく、できるわけでもない、自分にしかできない、自分のためのワークです。もうこれって、この時点で自立への階段(まだちっさい階段ですが)を登り始めているのではないかと思うのです。 自分のため、というと、今までは自分が得する、有利に働く、勝てるよう

失敗や間違い

生きていれば、失敗や間違いはあると思います。 私にとっての失敗や間違いは、黒パターンで言動してしまうこと。 大切なのは、そのあと、自分はどうするのかが、大切だと思っています。 誰かを傷つけてしまったり、迷惑をかけてしまったら謝りますし、そしてもう一度自分と向き合い、パターンをケアするのが大切だと思っています。 しかし、昔はそんなことを知らなかった、わかっていなかったので、外側に目を向けて、自分の問