• 渡邊 優

白黒ワークをしていると、白パターンの部屋の広がりや解放感、朗らかな居心地の良さにホッとして、いつまでもそこにいたい、そんな気持ちになります。しかしその逆の黒パターンの部屋は、窮屈で圧迫感があり、苦しさが伴います。どうしてこんな感じを受けるのだろう?と、考えていました。

それはきっと黒パターンには、自分を制限し、押さえつけ、こうであるべき、これが正しいと、決めつけや抑圧の力が働いているからだと思いました。それほど自分で自分にストレスを与えているのだと思います。


私はここが最初全く分からず、ストレスは他人から与えらているのだとばかり思っていました。

自分で自分にストレスを与えている?そんなバカな!ありえないだろ!そう思っていたのです。

ここを理解するのは結構難しいと思います。しかし、理解できるキッカケとなったのはここでのワークでした。それは自分で自分を楽にさせることができたからです。それは同時に、今まで自分で自分に制限やプレッシャーをかけ、自分自身を苦しめてきた。という現実でもありました。

全てが自分・・・そのことを初めて知るキッカケとなったのです。ガラガラと何かが崩れる感じもしました。しかしそれでもまだ、全て自分の問題だと受け入れることは出来ないでいたのです。


なぜなら怖かったからです。それを受け入れてしまったら、今までの自分を全て否定する事になる、それは怖すぎる。そう思ったのです。


では今はどうか?と聞かれると、少しづつ全て自分の問題だと受け入れてきていると思います。

それは今取り組んでいる、他人や、あらゆる出来事から物事、自らのパターンなど、全てのものから自立をしたい、そう思っているからです。自立とはきっと、「私」として生きる。ということなのだと思いました。


最新記事

すべて表示

辞めた報告。

昨日営業同行に行ったのですが、結局説明を聞いただけで終わりました。 そして内容を聞いているうちにどんどん気持ち悪くなり、この仕事はやめて帰りました。 理由を書くと、透明性がなかったり、胡散臭かったりなどなどありますが、やっぱり、気持ち悪くなる。体が拒否する。これが一番の理由です。 正直、こんな感覚になるのは初めてでした。 聞けば聞くほど気持ち悪くなる。 昨日颯爽と日記に書いた自分がカッコ悪く、情け

お仕事

今日から仕事に行ってきます。 昼間、この勉強と趣味以外、たっぷり時間もあるため、仕事をしようと思いました。 営業の業務委託ですので、とりあえずやってみてから考えよう・・と思っています。 ぶっちゃけ、内容はいまいちわかっていません。どうやら病院が営業先のようです。 流石に右も左もわからないので、今日から上司と同行営業です。 そして上司との同行営業も、実に20年ぶりくらいなので、ちょっと緊張です。 で

もう抗わない

「思い通りにしたい」「思い通りじゃなきゃ嫌だ」「思い通りの自分じゃなきゃ嫌だ」 この私のパターンは、目の前の現実、もしくは現実の自分に抵抗し、抗っているのだと思いました。現実という世界に抗えば抗うほど、苦しさ、悔しさ、もどかしさは強くなり、それはまるで川の流れに逆らって泳ぐかの如く、もがき苦しむようです。 それは時に理想の自分像を追ってみたり、理想の結果を求めてみたりと、現実とは違う、何か理想郷的