• 渡邊 優

最近父とよくLINEで会話をする。今年でもう76歳になる父なのだが、LINEを普通に使いこなしている。孫達も父とLINEをしていて、チャレンジャーだね!などと言われ喜んで最近のSNSを使い込んでいる。そんな父からのLINEで特に多いのが母親の愚痴である。息子から見ても、ちょっと可哀想だな・・などと思うくらい詰め寄られて、こっ酷く何かを言われている。母から伝わるのは、「男性に対しての怒り」で、このエネルギーも尽きることがなく、徹底的に受け止めるしかない。と私は思っている。

そして父は、母に何か言われないかと常に怯え、緊張感を持って毎日を生きているようにも見える。

そんな父から先日、面白いLINEがきた。「昔村上龍の本で、全ての男は消耗品である。って本があったけど、男って生き物はそんなものなんだな・・と」確か私も読んだことがあり、内容は全く覚えていないが、タイトルが強烈だったのでタイトルだけ鮮明に覚えていた。全ての男は消耗品である。どうなのだろう?そういった一面もあり、同意しそうにもなる。しかし、男性としての尊厳を持ってもいいのではないかとも思う。それは、女性や子供を守れる強さであったり、父性という優しさもあるし、多面的に物事を捉えやすい脳のつくりであったり、一つのことにハマりやすく、結果、極めることが得意な性質などもあると思う。職人さんなどはまさに男性ばかりだ。

いずれにしても、男性、女性、どちらも得手、不得手はあるわけで、そのどちらも持っているということを理解していきたいと思う。そして何事にも「感謝」することを忘れてはいけないな。この心からの「感謝」が、互いの不満や怒りを幾分か緩和させてくれるのだと思う。

そんなことを考えさせられた父からのLINEであった。

最新記事

すべて表示

自分で自分の機嫌をとる

みやぞんさんが、自分の機嫌は自分でとる。人にとってもらおうとしない。 そのようにロケ中に放ったと、ひろゆきの動画で聞きました。 以下はひろゆきの言っていたことですが。 「機嫌悪いのをお金を払って買い物をするとか、誰かに八つ当たりするとか、何か嫌なことがあってそれをぶつけて来るパートナーとか友達とか嫌じゃないですか。 自分の機嫌を自分で取れる方が人生楽だし、周りにも迷惑かけないからいいんじゃないでし

パターンとの関係

パターンに引っかかって、チッ、イラッ、(#`皿´) ムキーーーー!となって、そしていつものように語りかけのワークをして、それでも収まらない時は、意識的にパターンに時間を与えるという感覚で、一日時間を置いています。正確には、一晩寝ています。 この、時間を与えるというのが最近とても大事なことのように思うんです。 それは「怒りが収まるのには少し時間が必要だな。」と、パターンを理解して、一晩時間を与えます

散歩と読書と哲学

最近天気の良い日は海沿いの遊歩道を散歩して、公園の木陰で読書をしています。 そして最近ハマっている、世界は贈与で出来ている。著・近内悠太の哲学書の中で、哲学についてこんな一文がありました。 「哲学は結局のところ何をしているのか」という問いに、「哲学の生業は概念作りだ」と答えています。では、哲学は何のために概念を作るのか。答えは「人類の幸福な生存のため」です。 私は以前哲学というものは、何か高尚で、