top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

最近父とよくLINEで会話をする。今年でもう76歳になる父なのだが、LINEを普通に使いこなしている。孫達も父とLINEをしていて、チャレンジャーだね!などと言われ喜んで最近のSNSを使い込んでいる。そんな父からのLINEで特に多いのが母親の愚痴である。息子から見ても、ちょっと可哀想だな・・などと思うくらい詰め寄られて、こっ酷く何かを言われている。母から伝わるのは、「男性に対しての怒り」で、このエネルギーも尽きることがなく、徹底的に受け止めるしかない。と私は思っている。

そして父は、母に何か言われないかと常に怯え、緊張感を持って毎日を生きているようにも見える。

そんな父から先日、面白いLINEがきた。「昔村上龍の本で、全ての男は消耗品である。って本があったけど、男って生き物はそんなものなんだな・・と」確か私も読んだことがあり、内容は全く覚えていないが、タイトルが強烈だったのでタイトルだけ鮮明に覚えていた。全ての男は消耗品である。どうなのだろう?そういった一面もあり、同意しそうにもなる。しかし、男性としての尊厳を持ってもいいのではないかとも思う。それは、女性や子供を守れる強さであったり、父性という優しさもあるし、多面的に物事を捉えやすい脳のつくりであったり、一つのことにハマりやすく、結果、極めることが得意な性質などもあると思う。職人さんなどはまさに男性ばかりだ。

いずれにしても、男性、女性、どちらも得手、不得手はあるわけで、そのどちらも持っているということを理解していきたいと思う。そして何事にも「感謝」することを忘れてはいけないな。この心からの「感謝」が、互いの不満や怒りを幾分か緩和させてくれるのだと思う。

そんなことを考えさせられた父からのLINEであった。

最新記事

すべて表示

先日予定しておりました「自分でできる心のケア講座」ですが、台風による欠席多数のため中止とさせていただきました。楽しみにしていただいた方、また直接会場にきていただいた方、大変申し訳ございませんでした。 次回開催の際には改めてお知らせいたします。 また前回メールを頂いた方には次回開催が決まり次第お知らせのメールをいたします。 この度は申し込みいただきましてありがとうございました。 皆様の心の健康作りを

先日のセミナーで習ったことに、同事という言葉があります。 相手の立場に立つという意味です。そしてこの同事、試してみるとかなり難しいです。 相手の立場に立とうとしてもついつい自分の考えや思いが出てきて、100%相手の立場に立つことが自分を捨てていかないと無理だということに気がつきました。自分の考えや思いというのは、こうあるべき、こうあって欲しいという私のパターンです。これが動くと、相手にそれを言いた

2極のことを考えた時、よく言われるのは、ポジティブはいいことで、ネガティブはダメなもの… 私自身も以前はそう思っていました。しかし最近思うのは、どちらが良いとか悪いとかではなく、どちらにも役割があるのでは?ということです。 ネガティブな感情やパターンのお陰で、自分に気づくことができるし、方向修正しながら、私を育てることができます。またそのお陰で危険を察知することもできそうですし、回避することもでき

bottom of page