top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

実は私、肋骨を骨折してまして、すでに三週間が経ちました。

サーフィン中に自分のボードが肋骨にドーーーンとぶつかり、息ができなくなってその場でうずくまってしまったんです。「ヤバイ!やっちまったかも!」とそう思った瞬間、次には酷い鈍痛、あの骨の痛みに襲われてほふく前進のようにして海から上がったのでした。


「う〜〜、痛いよ〜、苦しいよ〜」と浜を歩いていると、知り合いからどうしたの?と声をかけられ事情を説明すると、大丈夫?無理しないで休めよ、という優しい言葉を掛けられ、それが妙に心に沁みるのでした。嬉しいというよりも、身も心も弱っている時の優しさはありがたかったです。


人の優しさや心使い、これは本心からそう思っていないとなかなか伝わらないものです。

いつもありがとうや、助かるよ、大丈夫か?など、普段から使っている言葉は、そのままその人が現れているのだと思いました。


それにはきっと、言葉を発するだけではダメで、その思いが乗って初めてその言葉になるのだと思います。いずれにしても動機からが大事なのですね。


最初の最初、動機から私の資質を使えるよう、今日も自己探求をしていきます。

最新記事

すべて表示

仲間の成長

仲間の成長を願える自分でありたい。 グループで学んでいると、仲間の言動にパターンが引っかかることがあります。 ああ言われた、こう言われた、こうあるべきだ、などなど自分のパターンを知るには勿論いい機会なのですが、そのときは怒りや腹立たしさや、チッ!というパターンの感情があるので、コンニャロ〜と思い、相手のことを考える隙が生まれません。黒パターンはいつそうで、自分のことしか考えられないんです。 そこで

自立

彼女のいない今、一人で自分を支えていく、ということをしています。 具体的には、愛されたい、大切にされたい、認められたい、解って欲しい、守って欲しい、という思いを、今までは彼女が埋めて、満たしてくれていました。ですが一人になった今、そのようなパターンの思いを私が満たしていくことを、自分でしています。 他人を使って自分を支えてきたという領域から、自分で自分を支えるという、精神的な自立です。 私のパター

サポートデスク

先日PC関連のトラブルがあり、サポートデスクに連絡したところ、ここでは解らないということで違う部署へ回されました、そこでも解らないということでまた違う部署へ、その間も随分と待たされましたが、違う部署へ繋いでもらってもまだ解らないということで、私のイライラはMAXとなり「もういいです。切ります・・・」 その後暫くしてから自分のパターンを見にいくと「思い通りの結果を得られないのは嫌だ」というパターンを

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page