• 渡邊 優

実は私、肋骨を骨折してまして、すでに三週間が経ちました。

サーフィン中に自分のボードが肋骨にドーーーンとぶつかり、息ができなくなってその場でうずくまってしまったんです。「ヤバイ!やっちまったかも!」とそう思った瞬間、次には酷い鈍痛、あの骨の痛みに襲われてほふく前進のようにして海から上がったのでした。


「う〜〜、痛いよ〜、苦しいよ〜」と浜を歩いていると、知り合いからどうしたの?と声をかけられ事情を説明すると、大丈夫?無理しないで休めよ、という優しい言葉を掛けられ、それが妙に心に沁みるのでした。嬉しいというよりも、身も心も弱っている時の優しさはありがたかったです。


人の優しさや心使い、これは本心からそう思っていないとなかなか伝わらないものです。

いつもありがとうや、助かるよ、大丈夫か?など、普段から使っている言葉は、そのままその人が現れているのだと思いました。


それにはきっと、言葉を発するだけではダメで、その思いが乗って初めてその言葉になるのだと思います。いずれにしても動機からが大事なのですね。


最初の最初、動機から私の資質を使えるよう、今日も自己探求をしていきます。

最新記事

すべて表示

先祖にお祈りをする際、状況がキツイ時や迷っている時など、よく助けて!どっちに行ったらいい?と問いかけていました。それは、こちらからのお願いという祈りだったのです。しかしその返事はあるわけも無く、なんとなく惰性で自分で決めてきました。で、最近思ったのが、祈りの基本は感謝だよね、というものです。 今私が生きていられるのは先祖がいたからこそです。その血を受け継いで、今この肉体が存在しています。そして天や

『私のマントラ』 今、〜さんの言った言葉に私のパターンが引っかかりました。 しかしそれは、〜さんのせいではありません。 私が自分のパターンをケアしていなかったからです。 これから、そのパターンをケアしていきます。 〜さん、ありがとうございました。 あんなこと言われたくなかった、こんな扱いされたくなかった、色んなパターンに引っかかった際、私はまず最初に、このマントラを唱えます。 そしてとても不思議な

「嫌なことがないと人は成長しない・・」 先日の2日間のセミナー後、食事の際に先生が言った言葉です。 自分のことを思い返しても、成長してきた場面は常に嫌なことがありました。嫌なことがあって初めて自分と向き合い、パターンを見つけて語りかけをし、白黒ワークで白パターンを選んで実践していく。その過程では、未熟な今の自分を知り、反省する過程もあります。そんな自分を許しながら、人は成長するのだと思いました。