• 渡邊 優

私の過去の語りかけを見返してみると、あんなこと言われたくなかった、思い通りじゃなきゃ嫌だ、恥をかきたくない、怒られたくない、責められたくないなど、ほとんどの語りかけに「もう傷つきたくない」というフレーズが入ってきます。

私のあらゆるパターンは、もう傷つきたくない、もしくは傷つくのを恐れているのだと思いました。


傷ついた時、もしくは傷つきそうな時の行動として、ほとんど場合が、戦うか、守るか、逃げるかの選択だと思います。あんなことを言った人に対して、あんなことを言った人が許せないと、怒りに震えてその人と戦います。自分と戦う時もそうで、こんな自分ではダメだと自己否定して、自分自身と戦います。


自分を守る時は、傷つかないように本音を言わないか、言い訳をするか、自分を出さないようにして自分を守ります。もしくは傷つくことを恐れて、人と深く付き合おうとせずに自分を守ります。

逃避の場合は、相手はきっとこうなのだろうと勝手に想像して、傷ついた自分自身から逃避します。


しかしそのどれもが、傷ついたこと、もしくはこれから傷つくかもしれないことを、受け入れていないのです。


パターンは守りますし逃げます。なぜならそれが一番安全な方法だと思っているからです。

しかし本当の私は違います。傷ついたことを受け入れ、癒します。

そしてこれからも傷つくかもしれないけど、また傷を癒すことができるから、大丈夫だと知っています。


だからこれからは、

もう傷つくことを恐れるのはやめよう。

これを選んでいこうと思います。

最新記事

すべて表示

外見に左右される

最近あることに気がつきました。それは黒パターンなのですが、人の外見に左右されるということです。私の場合、見てくれがゴツくて、強そうで、顔も髭面で、ブスッとした屈強な男性を見ると怖そうに感じ、どこかビクビクする。パターンからしたら、そういう人は人を傷つけてきた、もしくは力で人をねじ伏せてきた、だから自分もそうされるだろうと思うからです。パターンはそうだと決めつけています。だから体が萎縮してビクつくの

感謝

バレエスタジオに通っていた73歳の女性の方が亡くなりました。 この方はきみこさんと言って、バレエだけに限らず、ピアノを演奏して発表会にまで出ていた方でした。 私がバレエスタジオに通いはじめた頃、私は男性一人ということもあり、誰とも喋らず、目も合わさず、何処にも自分の居場所を感じずにいた時、きみこさんはバレエ初めて入門という初心者用の本を持ってきて貸してくださいました。それからはことあるごとに私に声

特権意識・・

昨日江ノ島でイカを釣っていると、隣のおじさんが、よく釣るね、どうやって釣るの?と聞かれました。私は意気揚々とイカの釣り方を説明しだして、天下を取ったかのごとく、詳しく説明したのです。 浮き足立って説明しているこの状態・・・あれ??なんだ?このゾワゾワ感・・ 一通り説明し終わった後、先程の感覚を思い出していました。 隣のおじさんに、よく釣るね、と言われたことで「自分は特別だ」という私の黒パターンがそ