top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

今思えば、随分と傷つくことから逃げてきたと思います。

しかし、生きていく上で傷つかないことはない。間違い犯して批判されることもあれば、仕事で大失敗をして上司や先輩に怒られることもあるし、人前で恥を晒してプライドが傷つくこともあれば、異性に振られて傷つくこともある。


しかし、そんな時に本当に大切なことは、傷つかないように自分を守ることではなく、傷ついても立ち直れる自分になることであり、自分で自分を支えられるようになることだと思うのです。

傷つくことを恐れ、鎧をガチガチに固めてきた自分だから今ならそれが少しわかる。


大切なのは、傷付いたあと。

しっかりと傷付いた自分の心を理解して、労り、救っていく。

そしてまた傷付いてもいい、自分で自分を支えていこう。それがきっと自立へと繋がる。

それはきっと、傷つくことからもう逃げなくてもいいのかもしれない。

そう思うのです。

最新記事

すべて表示

自分に責任を持つ

自分に責任を持つって、苦手でした。なんだか罰ゲームのように何かを課せられているような、失敗できないような、そして自分に自信もなかったので、自分の行動や考えに責任を持つのが怖かったのです。そして最近思うのは、責任を持つも何も、そういう風にできているんじゃないか?という事です。 自分の考えには相応の答えを、自分の行動にも相応の答えを宇宙は与えるのだと思います。そして自分自身にも、自分の考えや思いには、

もっと気楽に

自分を観察しているとついつい厳しい目で自分をジャッジしてしまいます。それだけパターンに対してまだまだ負のイメージが私は強いのだと思いました。 そもそもパターンは誰もが持っていて当たり前のもの。だからワークも、自分を見ることも、もっと気楽に淡々とやっていいのだと思いました。 むしろ深刻にすればするほどワークに重さがでてきてしまいますし、自分を見る目も「ぐぬぬぬ〜!」どこか力が入って見ています。だから

bottom of page