• 渡邊 優

今思えば、随分と傷つくことから逃げてきたと思います。

しかし、生きていく上で傷つかないことはない。間違い犯して批判されることもあれば、仕事で大失敗をして上司や先輩に怒られることもあるし、人前で恥を晒してプライドが傷つくこともあれば、異性に振られて傷つくこともある。


しかし、そんな時に本当に大切なことは、傷つかないように自分を守ることではなく、傷ついても立ち直れる自分になることであり、自分で自分を支えられるようになることだと思うのです。

傷つくことを恐れ、鎧をガチガチに固めてきた自分だから今ならそれが少しわかる。


大切なのは、傷付いたあと。

しっかりと傷付いた自分の心を理解して、労り、救っていく。

そしてまた傷付いてもいい、自分で自分を支えていこう。それがきっと自立へと繋がる。

それはきっと、傷つくことからもう逃げなくてもいいのかもしれない。

そう思うのです。

最新記事

すべて表示

振る舞いから降りる。

誰もが抱く、穏やかな心や軽やかな心、どうやったらそういう心になれるのか、もしくはそういう人になれるのか、そんなことを昔はよく考えていました。勝手な想像として、そういう人間はレベルが高い、良い人と思われる、好かれる、大切にされる、敵を作らない、味方が増える、世間で得をする、そんな風に思っていたのです。 しかし、本当の心の内はドキドキハラハラしていても、穏やかな「振る舞い」をしていたのをよく覚えていま

外見に左右される

最近あることに気がつきました。それは黒パターンなのですが、人の外見に左右されるということです。私の場合、見てくれがゴツくて、強そうで、顔も髭面で、ブスッとした屈強な男性を見ると怖そうに感じ、どこかビクビクする。パターンからしたら、そういう人は人を傷つけてきた、もしくは力で人をねじ伏せてきた、だから自分もそうされるだろうと思うからです。パターンはそうだと決めつけています。だから体が萎縮してビクつくの

感謝

バレエスタジオに通っていた73歳の女性の方が亡くなりました。 この方はきみこさんと言って、バレエだけに限らず、ピアノを演奏して発表会にまで出ていた方でした。 私がバレエスタジオに通いはじめた頃、私は男性一人ということもあり、誰とも喋らず、目も合わさず、何処にも自分の居場所を感じずにいた時、きみこさんはバレエ初めて入門という初心者用の本を持ってきて貸してくださいました。それからはことあるごとに私に声