top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

今日は先生との個人セッションの日でした。

1ヶ月ぶりの個人セッションでは、ここ数ヶ月に渡って自身のパターンが騒ぎ、そして大変苦しむというスッキリしない状態でしたが、その原因というか、自分の大きな課題を教えてもらい、やっと腑に落ちた感がありました。


これからはその課題に取り組む訳ですが、まあ、今までなんのためらいも、躊躇もなくそのパターンを使って来たわけですから、少し時間をかけてしっかりと取り組んでいこうと思います。


まだ自分の中でしっかりと整理ができていないのでここに書くことは控えますが、来週のグループの勉強会では、このことを話していこうと思っています。


いずれにしても、本当の自分はこれからどうありたいのか。どうしたいのか。

それに尽きるのだと思うし、課題を見過ごすことなく、正面から取り組んでいきたい思います。


そんな自分の魂の課題に取り組むことに、喜びを感じられてもいます。

さあいくぞ!と。

最新記事

すべて表示

自分に責任を持つ

自分に責任を持つって、苦手でした。なんだか罰ゲームのように何かを課せられているような、失敗できないような、そして自分に自信もなかったので、自分の行動や考えに責任を持つのが怖かったのです。そして最近思うのは、責任を持つも何も、そういう風にできているんじゃないか?という事です。 自分の考えには相応の答えを、自分の行動にも相応の答えを宇宙は与えるのだと思います。そして自分自身にも、自分の考えや思いには、

もっと気楽に

自分を観察しているとついつい厳しい目で自分をジャッジしてしまいます。それだけパターンに対してまだまだ負のイメージが私は強いのだと思いました。 そもそもパターンは誰もが持っていて当たり前のもの。だからワークも、自分を見ることも、もっと気楽に淡々とやっていいのだと思いました。 むしろ深刻にすればするほどワークに重さがでてきてしまいますし、自分を見る目も「ぐぬぬぬ〜!」どこか力が入って見ています。だから

bottom of page