• 渡邊 優

今日は久しぶりにカウンセリングの先生との個人セッションでした。

ここ1ヶ月ほど悶々としていたことが整理できてよかったです。この悶々としてきたパターン、1ヶ月ほど一人相撲をとっていたのですが、全く解消されずに今日に至ったのでした。その悶々とするパターンというのが「思い通りの自分じゃなきゃ嫌だ」というものだったのです。


まだしっかりと向き合っていないためザックリとですが、このパターンの持つ思い通りの自分というのは、思い通りの自分であれば全て上手くいき、他人と比較することもなく、また他人からの評価も気にすることなく、すくすくと成長し、皆からの称賛もあり、それでいて謙虚でもあり、誰もが羨み、そして自分に満足できる自分。そんなパターンに飲まれ悶々としていました(そうではないので)

パターンだとは分かっていたのであらゆる方面から語りかけをやっていましたがどれもいまいち腑に落ちずにおり、またそれは同時焦りも生んでいました。パターンに飲まれている自分はダメだと(これもパターン)思い、早くなんとかしよう、早く楽になろうとしていたので、まとまりがつかず、とっ散らかっていたのです。


そんな今回の体験は忘れないでおこうと思います。それは、自分を待つ、ということがどれほど大事なことかよく分かった体験だったからです。

急いで成長しなくてもいい、ゆっくりでもいいからこの道を外れることなくしっかりと歩んで行こう。そう心底思うことができたからです。この道には魂が心底求める魅力と、ロマンが溢れています。


そんな魅力とロマンを求めて、ゆくっり歩んで行こうと思います。

最新記事

すべて表示

責任

先日の茅ヶ崎セミナーで、カウンセラー仲間のMさんからこんなことを学びました。それは、黒パターンを放っておくと意味付けが変わらないままなので、そこをどんどん掘っていってしまう。白パターンを選ばない限り同じ意味づけのまま思考停止状態に陥る。また新たなものに変えても、動機が不安や恐れであるため結局一緒でまた同じ黒を掘っていくと。 確かにそうだと思いました。黒パターンで生きていた時の私がそうだったからです

本当の声

パターンの本当の声までなかなか耳が届かなかったりする。 語りかけをしていると、最初は腹立たしさや苛立ちから始まって、暫くすると悲しみや寂しさ、切なさというパターンの声が出てきたりする。 パターンの本当の声が聞けるまで随分時間がかかったなんて経験は幾度となくあって、それでも、本当の声を聞けた時はやっとパターンが救われたと安心感が生まれる。 日常生活でもきっとそうで、強がっていたり怒っているように見え

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com