top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

個を意識する。

今までは頭で分かっていた、自分は自分で、人は人。

これはどこかパターン的で、意固地な感じがしていました。それはどうせ他人には分かってもらえないだろうというパターンの声だったり、自分の殻に閉じこもれば安全的な・・・そんな感覚のものです。


しかし今回のセミナーは違った。


当たり前だけど、人それぞれが別々のパターンを持ち、この世に生まれてくる親も違えば育ちも違う。そしてこの世でクリアーしたい本質的な課題も違う。

そうなると当然孤独になる。でもその孤独はどこか本質的であり、一人で決めて一人で克服することに価値があり、それが本当の私がしたかったことに繋がるのだと思うのです。


当たり前だけど、誰にでも自分に大切な考え(哲学)や自分だけの指針、価値観があり、それらは全て別々で、他人に押し付けるものでも、分からせるものでもない。

そんな自分という個をよく理解するからこそ、他人も尊重できるようになるのだと思います。

自分も同じだからだと。


それぞれがそれぞれの個を大事にしていけばいいのだと思いました。

それぞれに大事なレッスンがあるんだと。

最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page