• 渡邊 優

私の黒パターンが価値があると思っているものに、お金や権力、上と言う立場に価値があると思っています。そこからの価値の更新として今選んでいる白パターンは、もうお金や権力や上という立場に価値があると決めつけて、自分を縛るのはやめよう、というものです。それは時間はかかるかもしれないけど、その人がどんな人か、もちろん自分も含めて、黒パターンで生きているのか、白パターンで生きているのか、思いやりがあるのか、優しいのか、ユーモアのある人か、理解があるのか、はたまた利己的なのか、自分の正しさを押し付けるのか、他人を思い通りにしたいのか、自分も含めて、どういう人なのか?そういったところに価値を持とうというものです。


この白パターンの中にいると、安心感、安堵感、安らぎ、明るさ、そういったものを感じます。

しかし、今までのお金や権力や上、というものに価値を置く黒パターンの中にいると、緊張感や締めつけや焦りを感じます。


きっとこの白パターンの感覚には本質というものが含まれていて、そこを選んで生きれば無理がないようにも思いました。


時間はかかるけれども、選ぶ価値はある。そのように思います。

最新記事

すべて表示

決める、ということがとても大事だと実感しています。 決められずにあれこれ考え、悶々としている時間が一番心身に不健康なのだと思いました。 しかしそこを経ないと、自分が本当にどうしたいのかがわからないのも、この私という人間なんだと思います。 それゆえに、これもパターンであったな、と思いました。 毎回思うのですが、一つのパターンを超えると一つ視野が広がり、見える景色も感覚も変わってきます。そして以前の自

自分に嘘をつく、ごまかす。 これって、すごいシンドイことなんだと思いました。 人間って本当によくできていて、自分を誤魔化しながら生きれるようにはできていないのだと思います。きっとそれを続けると、体を壊したり、心を壊したり、精神を病んだりするのだと思いました。 私は今一つの交差点に立っていて、どちらに行くかと悩んでいます。 色々なパターンがごちゃごちゃになって、今しっ散らかっている状態ですが、答えは

自分の思考を観察していると、正しいか間違いか、損か得か、そういった物差で物事を判断しているように思いました。正しく、得であれば良い決断で、間違っていて、損であれば悪い決断として結果を判断しているのだと思います。要は自分にとっての、正しくて得する決断に執着しているのだと思いました。きっと成長とは、この結果に執着しないことなのだと思います。言い換えるならば、自分の間違いも損も受け入れられるということで