top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

付き合う人を選んでいかないとな、そう思います。

選ぶというと差別のように思われますが、そうではなく、プライベートで、自分が自ら進んで付き合う人々です。


自分に悪い影響を与える人からは距離を置き、良き影響がなされる方と付き合っていく。

それは自分を守ることにもつながるし、自分を成長させたい、前に進めたい、色々学びたい、という純粋な思いからの動機です。


他人を見ているとよくわかりますが、そもそも、その人の周りを見るだけでその人がどんな人か想像できます。それほど付き合う人というのは大事で、影響力があるのだと思いました。


私は来年、今までいた領域を卒業するつもりです。それが目標になりますが、今までの人間関係も卒業をしていかなければなりません。それを意識的に行うことに意味があると思っています。

それには一人でも大丈夫な自分にならなくてはなりません。誰にも理解されなくても、寂しくても、つまらなくても、孤独でも、一人で生きていかれる自分です。


つまり、パターンに頼らない自分です。

認められたい、理解されたい、優しくされたい、受け入れられたい、嫌われたくない、愛されたい・・・etc  

それらのパターンに頼らなくなった時、初めて新たな人間関係が生まれる気がします。


自分を大切に思うなら、自分に影響を与える付き合う人も考えなければいけない。そう思いました。

最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Comentarios


Los comentarios se han desactivado.
bottom of page