top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

最近よく使う白パターンで、自分の黒パターンを満たすために他人を使うのはやめよう、があります。

使う場面は様々で、認められたい、受け入れられたい、大切にされたい、自分の正しさを証明したい、などなどです。この白パターン選んでいて思うのは、そもそも他人では自分の黒パターンを埋められないんじゃないのか?と思いました。


散々認められるために自分の正しさを証明したり、受け入れられるために忖度をしたり、色々なことをやってきましたが、それで「もう十分満足だ」とパターンが思った試しは一度もありませんでした。寧ろもっともっとと図に乗って、更に自分の正しさや凄さを手に入れようと躍起になっていたように思います。問題なのはきっと、自己肯定感の低さや自己否定感なのだと思いました。語りかけでは黒パターンに対して、今まで通り、あなたのまま、そのままそこにいていいと語りかけます。それを長い間続けてきた結果、不思議と自己肯定感が少しづつ生まれて、自己否定感も弱まってきたように思います。


ということは、自分で自分を肯定したり、自分を否定することなく受け入れていくことでしか、黒パターンの求めるそれは満たすことができなのだと思いました。


黒パターンはきっと、誰でもない本当の私、自分のリーダー的存在の私から、一番そうしてもらいたかったのだと思います。そう愛してもらいたかったのだと。


私たちには他人では埋められないものが沢山ある。

他人を利用せず、自分で埋めていこう。

最新記事

すべて表示

仲間の成長

仲間の成長を願える自分でありたい。 グループで学んでいると、仲間の言動にパターンが引っかかることがあります。 ああ言われた、こう言われた、こうあるべきだ、などなど自分のパターンを知るには勿論いい機会なのですが、そのときは怒りや腹立たしさや、チッ!というパターンの感情があるので、コンニャロ〜と思い、相手のことを考える隙が生まれません。黒パターンはいつそうで、自分のことしか考えられないんです。 そこで

自立

彼女のいない今、一人で自分を支えていく、ということをしています。 具体的には、愛されたい、大切にされたい、認められたい、解って欲しい、守って欲しい、という思いを、今までは彼女が埋めて、満たしてくれていました。ですが一人になった今、そのようなパターンの思いを私が満たしていくことを、自分でしています。 他人を使って自分を支えてきたという領域から、自分で自分を支えるという、精神的な自立です。 私のパター

サポートデスク

先日PC関連のトラブルがあり、サポートデスクに連絡したところ、ここでは解らないということで違う部署へ回されました、そこでも解らないということでまた違う部署へ、その間も随分と待たされましたが、違う部署へ繋いでもらってもまだ解らないということで、私のイライラはMAXとなり「もういいです。切ります・・・」 その後暫くしてから自分のパターンを見にいくと「思い通りの結果を得られないのは嫌だ」というパターンを

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page