top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

最近よく使う白パターンで、自分の黒パターンを満たすために他人を使うのはやめよう、があります。

使う場面は様々で、認められたい、受け入れられたい、大切にされたい、自分の正しさを証明したい、などなどです。この白パターン選んでいて思うのは、そもそも他人では自分の黒パターンを埋められないんじゃないのか?と思いました。


散々認められるために自分の正しさを証明したり、受け入れられるために忖度をしたり、色々なことをやってきましたが、それで「もう十分満足だ」とパターンが思った試しは一度もありませんでした。寧ろもっともっとと図に乗って、更に自分の正しさや凄さを手に入れようと躍起になっていたように思います。問題なのはきっと、自己肯定感の低さや自己否定感なのだと思いました。語りかけでは黒パターンに対して、今まで通り、あなたのまま、そのままそこにいていいと語りかけます。それを長い間続けてきた結果、不思議と自己肯定感が少しづつ生まれて、自己否定感も弱まってきたように思います。


ということは、自分で自分を肯定したり、自分を否定することなく受け入れていくことでしか、黒パターンの求めるそれは満たすことができなのだと思いました。


黒パターンはきっと、誰でもない本当の私、自分のリーダー的存在の私から、一番そうしてもらいたかったのだと思います。そう愛してもらいたかったのだと。


私たちには他人では埋められないものが沢山ある。

他人を利用せず、自分で埋めていこう。

最新記事

すべて表示

楽しむということ

昨日は「自分でできる心のケア講座」にご参加下さりありがとうございました。 おひとり様のご参加でしたが、私としては一人でも二人でもご参加頂ければ全力でその方に必要なものをお渡ししていきたいと思っております。その意味ではお一人に集中してお話できたことは、人数ではない、また違った学びもありました。それは丁寧にお話をし、向き合い、そして楽しむということでした。 この講座も回を重ねるごとに自分が慣れてくるの

思い出した

思い出しました。私も散々自分を見るのが嫌だったのを・・・ 自分を見ることにまだ慣れていない頃、自分を見るのが嫌だったんです。 当時の語りかけを引っ張り出すと、そこにはこんなことが書かれていました。 そうだよね、自分を見るのが嫌だと、あなたは思っているんだよね。 なぜならば、自分のダメで嫌な部分は見たくないし、そんな嫌な自分を見たらどうしていいかわからないし、そもそも自分はできていると、あなたは思っ

裁きと許し

自分を見るのが嫌であったり、自分を裁くパターンはきっと、自分のことが嫌いなパターンがそうさせているのだと思います。そのパターンきっと、知らず知らずのうちに自分にレッテルを貼ったり、もしくは自分に対してこうあるべきだと決めつけているので、そうではない自分、もしくはそうなれない自分に対してダメだと思ったり、この自分ではいけないと思い自分に対して裁きを与え、自分を傷つけているのだと思います。 自分に対し

bottom of page