top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

他人の評価が怖い、嫌だや、他人からよく思われたい、というパターンが私にはあって、先週の合同会でもありました。

しかしなんで他人の評価をそこまで気にするのか?

私のこのパターンの根本は、他人の評価によって自分の価値が決まると思っているからです。

でもこれって、なんか嫌。


なぜなら、他人の評価ありきで自分があるからです。それはつまるところ、他人の評価がないと生きられないということ。他人の評価が嫌だと言いながらも、良い評価だと優越感を感じ、喜ぶパターンがそこにはいて、つまりはそれを欲し、頼っているということです。


これも、一人では生きられないからだと思います。

一人でいいなら、他人の評価は必要ないし、他人の評価で一喜一憂し、振り回される必要がないのだと思いました。


◯自分の足で立てる自分に俺はなる


つまりは、他人を必要としない、自立した世界です。

他人からの同情も、共感も、理解も、優しさも、お褒めの言葉もいらない、全て自分で請け負う世界。

なんだか黙々と自分のなすべきことをやる昔の職人のようです。


今日もほんの一ミリでもそこに進めるよう、ガチで取り組んでいきます。

最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Komentarze


Komentowanie zostało wyłączone.
bottom of page