• 渡邊 優

他人の評価、これって、以前はものすごく気にしていました。

他人からどう見られているのか、どう思われているのか、馬鹿にされていないか、笑われていないか、見下されていないかなど、他人の評価で自分の価値が決まると思っていたのです。


じゃあ、自分は他人を評価していなかったのか?と聞かれると、いや、していました。

本人のいないところであれこれ評価して、悦に浸り「自分はまだマシだ」そのような安心感を抱いて、勝っているか、負けているかなど勝手に解釈し、自分自身に価値を感じていたのだと思う。


別にこれが悪いというわけではなく、人であれば通る道なのだと思います。


しかし、最近は以前ほど他人の評価を気にしなくなっている自分がいます。

このブログもそうで、皆んなにどう思われているんだろう、どう見られているんだろう、ダメだと思われていないか、馬鹿だと思われていないか、そんなことを考えてブログを書くのも嫌になり、蕁麻疹が出た時もありました。

そのとき選んでいた白パターンは、「もう他人の評価に囚われて、自分を苦しめるのはやめよう」でした。そして最近思うのは、他人の評価を気にしない、それは、「もう少し自分を信頼していい」というものです。


他人の評価に囚われて、自分自身を見失ってしまう、それは未だにあります。

しかし、それでも都度自分を立て直し、また新たに歩いていけばいい。

そうやって少しづつ信頼できる自分を作っていく。

繰り返すことによって育まれる自分への信頼。


それが、自他をもジャッジしないというところへ繋がっていくのだと思います。

最新記事

すべて表示

今の自分の課題ですが、もっと他人に対して愛を持って接していきたい・・と思っています。 それは今までとは違う自分です。今までは自分のことだけをやってきました。自分のために自分の声を聞いて、パターンのケアをして、自分を理解して、自分を許してと・・それはそれで続けていくのですが、他人に対しても愛が持てるようになりたいと思ったんです。 物事に対してや、他人の感じていること、他人の問題に対して、何処か他人事

セミナー2日間が終わり、今消化しながら少しづつ自分の中に落とし込んでいます。 個人的な課題もさることながら、やるべきこと、手放していくこと、それらは満載のように思いました。 今という時代が変化、変動をしているとき、自分も変わっていかなければならないと思います。しかもスピード感を持って。 そこで自分の弊害となってくるのが、今までのままでいい、変わりたくない、変えたくない、という黒パターンの声です。今

外側から派生して自分の中で起こること、腹立たしさや苛立ち、悔しさ、なんとも言えないもどかしさ、分かってもらえない苦しさ、受け入れてもらえなかった悲しみ、嫌われた寂しさ、一人きりの惨めさ、そんな自分の中に沸き起こる全てのことを自分で引き受けていく。そのことを改めて実感するセミナー1日目でした。 なぜ引き受けなければいけないのか・・ 引き受けないでいると、 寂しさに耐えられずに、他人を利用して自分の側