top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

「他人の不幸は蜜の味」

これって、私には、ある。

あるものはあるので、自分の為にも書いていきます。


実は以前に、話した事もない顔見知りに突然絡まれた経験がありました。

「お前前から気に入らなかったんだよテメエ〜!」と・・・

その時の話は別として、そう言ってきた彼が「最近インフルエンザになったらしいよ」と噂話を聞きました。そう聞いたとき「ざまあみやがれ」と思ったんです。


普通であれば気の毒な話を、確かにざまあみろ、自業自得だと思ったんです。

そんな彼の噂話を聞いてどこか喜々としている自分。

これは一体何なのか??単純に嫌いな人だからか?危害を受けた報復とパターンは受け取ったからか?

それにしても強烈なざまあみろだったので、暫くこの「他人の不幸は蜜の味」を観察してみたいと思います。



最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

Commenti


I commenti sono stati disattivati.
bottom of page