• 渡邊 優

今日は何となく、他人と比較している自分がいたのでこのパターンをよく観察してみました。

そのパターンは、自分よりも周りのみんなの方が優れている(仕事や能力)、恵まれている(家柄や環境)、だから満たされないし、自分は幸せじゃない。そう言っていました。パターンは、周りと比較して、恵まれても優れてもいないから自分は幸せじゃないと思っているのです。


今思い返すと他人との比較において、苦しむことは多々あったと思います。

それは、誰々さんの方が家柄が良い、お金持ちだ、それに引き換えうちは貧乏だから・・・

誰々さんの方が頭も良くて容姿も端麗だ、それに引き換え自分は・・・

また自分だけに限らず、持ち物や旦那や奥さんまでもが比較の対象になっているとも思います。


比較というのはもしかすると人を不幸にするのかもしれません。なぜなら比較は、際限なくすることもできるし、一喜一憂しながら生きていくというのは安定とは程遠く離れているからだと思うのです。そして自分という個を全く尊重していないのです。これでは幸せにはなれないし、いつまで経っても満たされることはないと思いました。


今日から選んでいく白パターンですが、もしかしたらもう、他人と比較して自分を苦しめなくてもいいのかもしれない。を選びながら、

時間はかかるかもしれないけど、自分だけの、誰とも比較のできない自分だけの人生を生きていこう。

この道を目指していこうと思います。

最新記事

すべて表示

喉元過ぎれば熱さ忘れるとは言いますが、本当にそのようで、ワークをして何日かすると、本当に何事もなかったような気分になります。そしてこのワークをするにあたり、ただ自分のパターンをケアするだけではなく、改めて自分のことをちゃんと見つめ、理解し、受け止める。ということだと思いました。 自分を見るというと、最初の頃は自分のあら探しのように悪いところばかりが目につき、自分を見ることに抵抗感を感じていました。

自分を見ていると、自分のパターンのことや特徴がわかってきます。 そしてここがミソなんですが「きっとみんなも同じだろう」という思いも同時にあります。 しかし勉強会やグループで話を聞いていると、決して同じではないことがわかってきます。 人によって全く違う個性があって、取り組んでいる、乗り越えようとしているのもが全く別物なんです。しかし、自分がそうだからきっとみんなも同じだろう・・・これはなんなんだ?と

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で