• 渡邊 優

今日は何となく、他人と比較している自分がいたのでこのパターンをよく観察してみました。

そのパターンは、自分よりも周りのみんなの方が優れている(仕事や能力)、恵まれている(家柄や環境)、だから満たされないし、自分は幸せじゃない。そう言っていました。パターンは、周りと比較して、恵まれても優れてもいないから自分は幸せじゃないと思っているのです。


今思い返すと他人との比較において、苦しむことは多々あったと思います。

それは、誰々さんの方が家柄が良い、お金持ちだ、それに引き換えうちは貧乏だから・・・

誰々さんの方が頭も良くて容姿も端麗だ、それに引き換え自分は・・・

また自分だけに限らず、持ち物や旦那や奥さんまでもが比較の対象になっているとも思います。


比較というのはもしかすると人を不幸にするのかもしれません。なぜなら比較は、際限なくすることもできるし、一喜一憂しながら生きていくというのは安定とは程遠く離れているからだと思うのです。そして自分という個を全く尊重していないのです。これでは幸せにはなれないし、いつまで経っても満たされることはないと思いました。


今日から選んでいく白パターンですが、もしかしたらもう、他人と比較して自分を苦しめなくてもいいのかもしれない。を選びながら、

時間はかかるかもしれないけど、自分だけの、誰とも比較のできない自分だけの人生を生きていこう。

この道を目指していこうと思います。

最新記事

すべて表示

オリンピック

呪われたオリンピックと揶揄されていますが、私は以前から東京オリンピックを楽しみにしていました。特に今回から正式種目となったサーフィンを毎日楽しく観戦しています。 しかし世界の若いトッププロはどんな舞台においてもニコニコしていて、楽しそうに演技をしています。肩の力も抜けて、本来の自分のパフォーマンスが出せているのが見ているこちらにも分かります。 しかし日本代表はどこか気合が入りすぎて顔が怖い・・・

今周りにあるもの

今周りにあるものは、全てミームを上げるためにあるもの。 言い方を変えれば、全て自分の成長のためのもの。 一見嫌なこと、面倒臭いこと、不快なこと、腹が立つこと、そんなパターンがどうしようもなく騒ぐ出来事。そういったもの全てが、階段を登るために必要なもの。 そうすると無駄なものなど何一つなく、全てにおいて、パターンであればケアしていけばいいし、新たな白パターンに挑戦していけばいい。 自分のことになると

今か後か

見たくない、見ようとしない、なぜならもうそれ以上傷つきたくないから。 自分を見るとき、中々目を向けられずにいるときは、大体このような時が多いです。 しかし残念ながら、前に進むには自分を見て、理解し、受け入れていくほかありません。 その時はキツく、苦しくても、先々自分のためになる、ということだけは分かるのですから。 先にやるか、後に回すかの違いなだけ。これも散々やってきたこと。 後に回せば回すほど同