• 渡邊 優

ここ最近の出来事でこんなことに気がつきました。私には、他人が怒っていたり、他人の怪訝な表情を嫌がるパターンがある、と言うことです。

なぜならそれは、その怒りの矛先が自分に向かうかもしれないし、八つ当たりされたくない、危害を被りたくないと言うものです。


私が、他人が怒っていたり、怪訝な表情をみたときに、どうしたの?何があったの?大丈夫?などと声をかけていたのは全て自己防衛、自分の保身のためだったのです。それで相手の機嫌が直れば自分への危害はなくなるし自分も安心できる。だからそんな表面的な「良い人」として声を掛けていたのです。相手の為を思っているようで実の所、全て自分のためだったのかと、ようやく合点がいきました。ならばここでの白パターンは、「もう相手の問題に囚われるのはよそう」

これを選ぶこと。


そしてもう一つ気づいたことがありました。それはこのような「良い人」は、自分のためにも相手のためにもなっていないということです。なぜなら、相手も自分の問題と向き合っていないし、自分も自分の問題と向き合っていないからです。いや、この場合両者とも問題にすら気づいていないのです。

やはり、一にも二にも、「自分を見る」ことなのだと改めて実感するのでした。

最新記事

すべて表示

外側から派生して自分の中で起こること、腹立たしさや苛立ち、悔しさ、なんとも言えないもどかしさ、分かってもらえない苦しさ、受け入れてもらえなかった悲しみ、嫌われた寂しさ、一人きりの惨めさ、そんな自分の中に沸き起こる全てのことを自分で引き受けていく。そのことを改めて実感するセミナー1日目でした。 なぜ引き受けなければいけないのか・・ 引き受けないでいると、 寂しさに耐えられずに、他人を利用して自分の側

今日はこれから茅ヶ崎グループのセミナーです。 前回のセミナーはコロナに感染したためお休みしましたので、約4ヶ月ぶりの学びになります。 この4ヶ月どうだったかと言うと、ごくごく普通の毎日を過ごしていました。 その中でコロナに感染したり、肋骨を折ったりしたので家にいる期間が長かった分、自分に向き合う時間も、物事を考える時間も多かったように感じます。 特に思考には注意を払って見ていました。この思考はどこ

先日、ある方から食事に行こうと誘われました。しかしその方と食事にいくと話が長くなるのでいつも断っていました。そして今回も断ったのですが、断った際に自分の中で違和感を感じました。断ることに躊躇している自分がいたんです。なぜ躊躇していたのかというと、断ったら嫌われるんじゃないか、冷たくされるんじゃないか、自分が傷ついて一人になるんじゃないか、そんな思いがありました。だから躊躇したんです。 そんな断る、