• 渡邊 優

ここ最近の出来事でこんなことに気がつきました。私には、他人が怒っていたり、他人の怪訝な表情を嫌がるパターンがある、と言うことです。

なぜならそれは、その怒りの矛先が自分に向かうかもしれないし、八つ当たりされたくない、危害を被りたくないと言うものです。


私が、他人が怒っていたり、怪訝な表情をみたときに、どうしたの?何があったの?大丈夫?などと声をかけていたのは全て自己防衛、自分の保身のためだったのです。それで相手の機嫌が直れば自分への危害はなくなるし自分も安心できる。だからそんな表面的な「良い人」として声を掛けていたのです。相手の為を思っているようで実の所、全て自分のためだったのかと、ようやく合点がいきました。ならばここでの白パターンは、「もう相手の問題に囚われるのはよそう」

これを選ぶこと。


そしてもう一つ気づいたことがありました。それはこのような「良い人」は、自分のためにも相手のためにもなっていないということです。なぜなら、相手も自分の問題と向き合っていないし、自分も自分の問題と向き合っていないからです。いや、この場合両者とも問題にすら気づいていないのです。

やはり、一にも二にも、「自分を見る」ことなのだと改めて実感するのでした。

最新記事

すべて表示

自分で自分の機嫌をとる

みやぞんさんが、自分の機嫌は自分でとる。人にとってもらおうとしない。 そのようにロケ中に放ったと、ひろゆきの動画で聞きました。 以下はひろゆきの言っていたことですが。 「機嫌悪いのをお金を払って買い物をするとか、誰かに八つ当たりするとか、何か嫌なことがあってそれをぶつけて来るパートナーとか友達とか嫌じゃないですか。 自分の機嫌を自分で取れる方が人生楽だし、周りにも迷惑かけないからいいんじゃないでし

パターンとの関係

パターンに引っかかって、チッ、イラッ、(#`皿´) ムキーーーー!となって、そしていつものように語りかけのワークをして、それでも収まらない時は、意識的にパターンに時間を与えるという感覚で、一日時間を置いています。正確には、一晩寝ています。 この、時間を与えるというのが最近とても大事なことのように思うんです。 それは「怒りが収まるのには少し時間が必要だな。」と、パターンを理解して、一晩時間を与えます

散歩と読書と哲学

最近天気の良い日は海沿いの遊歩道を散歩して、公園の木陰で読書をしています。 そして最近ハマっている、世界は贈与で出来ている。著・近内悠太の哲学書の中で、哲学についてこんな一文がありました。 「哲学は結局のところ何をしているのか」という問いに、「哲学の生業は概念作りだ」と答えています。では、哲学は何のために概念を作るのか。答えは「人類の幸福な生存のため」です。 私は以前哲学というものは、何か高尚で、