• 渡邊 優

ここ最近の出来事でこんなことに気がつきました。私には、他人が怒っていたり、他人の怪訝な表情を嫌がるパターンがある、と言うことです。

なぜならそれは、その怒りの矛先が自分に向かうかもしれないし、八つ当たりされたくない、危害を被りたくないと言うものです。


私が、他人が怒っていたり、怪訝な表情をみたときに、どうしたの?何があったの?大丈夫?などと声をかけていたのは全て自己防衛、自分の保身のためだったのです。それで相手の機嫌が直れば自分への危害はなくなるし自分も安心できる。だからそんな表面的な「良い人」として声を掛けていたのです。相手の為を思っているようで実の所、全て自分のためだったのかと、ようやく合点がいきました。ならばここでの白パターンは、「もう相手の問題に囚われるのはよそう」

これを選ぶこと。


そしてもう一つ気づいたことがありました。それはこのような「良い人」は、自分のためにも相手のためにもなっていないということです。なぜなら、相手も自分の問題と向き合っていないし、自分も自分の問題と向き合っていないからです。いや、この場合両者とも問題にすら気づいていないのです。

やはり、一にも二にも、「自分を見る」ことなのだと改めて実感するのでした。

最新記事

すべて表示

外見に左右される

最近あることに気がつきました。それは黒パターンなのですが、人の外見に左右されるということです。私の場合、見てくれがゴツくて、強そうで、顔も髭面で、ブスッとした屈強な男性を見ると怖そうに感じ、どこかビクビクする。パターンからしたら、そういう人は人を傷つけてきた、もしくは力で人をねじ伏せてきた、だから自分もそうされるだろうと思うからです。パターンはそうだと決めつけています。だから体が萎縮してビクつくの

感謝

バレエスタジオに通っていた73歳の女性の方が亡くなりました。 この方はきみこさんと言って、バレエだけに限らず、ピアノを演奏して発表会にまで出ていた方でした。 私がバレエスタジオに通いはじめた頃、私は男性一人ということもあり、誰とも喋らず、目も合わさず、何処にも自分の居場所を感じずにいた時、きみこさんはバレエ初めて入門という初心者用の本を持ってきて貸してくださいました。それからはことあるごとに私に声

特権意識・・

昨日江ノ島でイカを釣っていると、隣のおじさんが、よく釣るね、どうやって釣るの?と聞かれました。私は意気揚々とイカの釣り方を説明しだして、天下を取ったかのごとく、詳しく説明したのです。 浮き足立って説明しているこの状態・・・あれ??なんだ?このゾワゾワ感・・ 一通り説明し終わった後、先程の感覚を思い出していました。 隣のおじさんに、よく釣るね、と言われたことで「自分は特別だ」という私の黒パターンがそ