top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

いつも思うことですが、パターンて他人との関わりにおいてが一番騒ぎやすいと思います。

ということは、他人との関わりでしか成長できないのだと思いました。

あんなことを言われた、こんなことを言われた、意地悪を言われた、大切にされていない、分かってもらえていない、バカにされた気がする、マウントされた気がする、下に見られた気もする、不当に扱われた、俺の方が上だ、俺が正しい、俺の思い通りにしたい、などなど。これら他人に対するパターンは数知れずありますが、全て、他人がいるからこそ気付かされるパターン達です。


私のこれらの黒パターン達は、他人さえ変われば気持ちが楽になって優越感を得られる、安心できると思っています。だからどうにか他人を変えようとして、不毛な争いに勤しんでいました。その世界は、苛立ち、ストレス、腹立たしさ、怒りが生まれ、いつも不安や恐れや焦りを抱き、とても安心できる世界とはほど遠いものでした。


しかし自分のパターンに気付かされてケアしてからは、以前と比べて少しづつですが、平和な世界が自分の中に育っているのが分かります。

他人がいるからこそ自分のパターンに気付かされるし、白パターンを選ぶ練習においては、その他人がいないとできません・・

他人がいるからこそ成長できるし、自分に気付かされるのだと改めて思いました。


山奥に篭って一人で修行してもきっと自分は成長できないな。

最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Comentários


Os comentários foram desativados.
bottom of page