• 渡邊 優

いつも思うことですが、パターンて他人との関わりにおいてが一番騒ぎやすいと思います。

ということは、他人との関わりでしか成長できないのだと思いました。

あんなことを言われた、こんなことを言われた、意地悪を言われた、大切にされていない、分かってもらえていない、バカにされた気がする、マウントされた気がする、下に見られた気もする、不当に扱われた、俺の方が上だ、俺が正しい、俺の思い通りにしたい、などなど。これら他人に対するパターンは数知れずありますが、全て、他人がいるからこそ気付かされるパターン達です。


私のこれらの黒パターン達は、他人さえ変われば気持ちが楽になって優越感を得られる、安心できると思っています。だからどうにか他人を変えようとして、不毛な争いに勤しんでいました。その世界は、苛立ち、ストレス、腹立たしさ、怒りが生まれ、いつも不安や恐れや焦りを抱き、とても安心できる世界とはほど遠いものでした。


しかし自分のパターンに気付かされてケアしてからは、以前と比べて少しづつですが、平和な世界が自分の中に育っているのが分かります。

他人がいるからこそ自分のパターンに気付かされるし、白パターンを選ぶ練習においては、その他人がいないとできません・・

他人がいるからこそ成長できるし、自分に気付かされるのだと改めて思いました。


山奥に篭って一人で修行してもきっと自分は成長できないな。

最新記事

すべて表示

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で

嫌なことがあったとき、苦しいことがあったとき、私は自然の中に入って緑の匂いを嗅いだり、土の匂いを嗅いだりして、心を落ち着かせるのに助けてもらっています。 そしていつも思うことですが、なんで自然はこんなに優しいのだろうと。 きっと何も見返りを求めずに、ジャッジなくただ与えているからだと思いました。 食物も、空気も、癒しも、何もかも与えてもらっています。 以前のセミナーで、宇宙は利他で出来ていると聞き

他人との比較は、無意識のうちにしていると思います。 私もそうでした。 他人と自分を比較し、時に自分はまだマシだと思い、安心したりします。 またその逆に、他人の方が優れていると思うと、自分はダメだと思い自己嫌悪に陥ります。 また他人からの評価も同じように、良い評価だと嬉しく優越感を感じ、悪い評価だと凹み自己嫌悪にこれまた陥ります。 そしてその次にやったのが、白パターンとしての、もう他人との比較や評価