• 渡邊 優

最近仕事の在り方について考えています。

今までの私の仕事は、沢山の商品を作り、それらを沢山売り、沢山の売り上げを作る。

よりもっとと、より多く、そして早くを求められ、また求めてきました。

いわゆる、「量」と「スピード」を求める仕事でした。

しかし、それではもうダメだ、ということに気がついたんです。

これからの私の仕事は、「質」が大事になるんだと。

その質とは、芸術品や、伝統工芸品のような一点物のように、繊細で美しく質が高いもの。

それぞれの相手にあった質の高いものを、私自身が作り上げていかなければいけない。

そう考えるようになったんです。


新たな仕事を初めて僅か2ヶ月。

流石に2ヶ月で結果が出るとは思いませんが、方向性だけは見誤らないようにしたいものです。そして、この新たな仕事の在り方を生きてみようと思います。






最新記事

すべて表示

辞めた報告。

昨日営業同行に行ったのですが、結局説明を聞いただけで終わりました。 そして内容を聞いているうちにどんどん気持ち悪くなり、この仕事はやめて帰りました。 理由を書くと、透明性がなかったり、胡散臭かったりなどなどありますが、やっぱり、気持ち悪くなる。体が拒否する。これが一番の理由です。 正直、こんな感覚になるのは初めてでした。 聞けば聞くほど気持ち悪くなる。 昨日颯爽と日記に書いた自分がカッコ悪く、情け

お仕事

今日から仕事に行ってきます。 昼間、この勉強と趣味以外、たっぷり時間もあるため、仕事をしようと思いました。 営業の業務委託ですので、とりあえずやってみてから考えよう・・と思っています。 ぶっちゃけ、内容はいまいちわかっていません。どうやら病院が営業先のようです。 流石に右も左もわからないので、今日から上司と同行営業です。 そして上司との同行営業も、実に20年ぶりくらいなので、ちょっと緊張です。 で

もう抗わない

「思い通りにしたい」「思い通りじゃなきゃ嫌だ」「思い通りの自分じゃなきゃ嫌だ」 この私のパターンは、目の前の現実、もしくは現実の自分に抵抗し、抗っているのだと思いました。現実という世界に抗えば抗うほど、苦しさ、悔しさ、もどかしさは強くなり、それはまるで川の流れに逆らって泳ぐかの如く、もがき苦しむようです。 それは時に理想の自分像を追ってみたり、理想の結果を求めてみたりと、現実とは違う、何か理想郷的