• 渡邊 優

先日サーフィンをしている時に、海の中でとても不機嫌に誰かに怒っている方がいました。

きっと二人の間で何かトラブルがあったのでしょう。

そして凄く怒っている方を見て、私も不快感に襲われました。

その不快感をよく見てみると、自分にとばっちりが来るんじゃないか、自分もあんな言い方をされたくない、されて傷つきたくない、だからあのような言い方はよくないと、そのように感じていました。


そしてその方は私も顔を知っている方でした。ですから何か声をかけようかな?とも思いました。しかし、その声を掛けようとしている動機をよく見てみると、なんだ、自分に危害が及ばないようにただ自分の安全を確保したいだけなんだな。だから声をかけて自分は味方だよと表明したいだけなのかと思いました。


そして何も声をかけずにそのままにしました。

自分を見ていくって面白い。今まで無意識で行動していた世界とは全く違う発想が湧いてきて、なんというか、そこにいながらもただ一人孤立している感覚があります。

けど、こうやって考えて自分のパターンを見るという行為が実に面白いのです。


自分の本当の動機、無意識の下にある不安や恐れ、そういったものにどれだけ無頓着だったのか。

自分を大切にするって、まずは自分を知ることからなんだと思います。

最新記事

すべて表示

先祖にお祈りをする際、状況がキツイ時や迷っている時など、よく助けて!どっちに行ったらいい?と問いかけていました。それは、こちらからのお願いという祈りだったのです。しかしその返事はあるわけも無く、なんとなく惰性で自分で決めてきました。で、最近思ったのが、祈りの基本は感謝だよね、というものです。 今私が生きていられるのは先祖がいたからこそです。その血を受け継いで、今この肉体が存在しています。そして天や

『私のマントラ』 今、〜さんの言った言葉に私のパターンが引っかかりました。 しかしそれは、〜さんのせいではありません。 私が自分のパターンをケアしていなかったからです。 これから、そのパターンをケアしていきます。 〜さん、ありがとうございました。 あんなこと言われたくなかった、こんな扱いされたくなかった、色んなパターンに引っかかった際、私はまず最初に、このマントラを唱えます。 そしてとても不思議な

「嫌なことがないと人は成長しない・・」 先日の2日間のセミナー後、食事の際に先生が言った言葉です。 自分のことを思い返しても、成長してきた場面は常に嫌なことがありました。嫌なことがあって初めて自分と向き合い、パターンを見つけて語りかけをし、白黒ワークで白パターンを選んで実践していく。その過程では、未熟な今の自分を知り、反省する過程もあります。そんな自分を許しながら、人は成長するのだと思いました。