• 渡邊 優

新年明けましておめでとう御座います。


年始は2日に兄が退院し、孫(兄の子供たち)も実家に訪れ、賑やかなお正月を迎えることができました。

特に喜んでいる母や父の顔は本当に嬉しそうで、幸せそうで、何よりの孝行だったと思います。


そして肝心な私の今年の目標。

「私」として在る、ということがどういうことか。今一度しっかりと地に足がつくように、噛み締めるように、観察者であり、選択者である「私」として生きることを、今年一年の目標と致します。


そして、自身の持つパターンやこの世界についても、歪みなくあるがままの事実を見る、受け止める、を意識していきます。如実知見です。

どこを目指すか、どうありたいか、ブレずに邁進する一年と致します。


また、これは私の主観ですが、今年に入って何かが大きく変わったような気がします。心の在り方が大きく影響する時代。そんな時代の波が、昨年よりも増して、力強く押し寄せて来ている気がします。

清く純粋で強い心は、この宇宙の法則のもとに更に成長を続け、大きな役割を担ってゆく。利己心や我欲が強い心は、思い通りにならない現実が更に止めどなく続き、有無も言わさず苦しんでいく。

そのような大きな流れを感じます。

故に、私自身も、更なる成長を目指し、精進していく所存です。


皆様方におきましても、更なる飛躍の年となります事、祈念いたしております。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。




最新記事

すべて表示

今の自分の課題ですが、もっと他人に対して愛を持って接していきたい・・と思っています。 それは今までとは違う自分です。今までは自分のことだけをやってきました。自分のために自分の声を聞いて、パターンのケアをして、自分を理解して、自分を許してと・・それはそれで続けていくのですが、他人に対しても愛が持てるようになりたいと思ったんです。 物事に対してや、他人の感じていること、他人の問題に対して、何処か他人事

セミナー2日間が終わり、今消化しながら少しづつ自分の中に落とし込んでいます。 個人的な課題もさることながら、やるべきこと、手放していくこと、それらは満載のように思いました。 今という時代が変化、変動をしているとき、自分も変わっていかなければならないと思います。しかもスピード感を持って。 そこで自分の弊害となってくるのが、今までのままでいい、変わりたくない、変えたくない、という黒パターンの声です。今

外側から派生して自分の中で起こること、腹立たしさや苛立ち、悔しさ、なんとも言えないもどかしさ、分かってもらえない苦しさ、受け入れてもらえなかった悲しみ、嫌われた寂しさ、一人きりの惨めさ、そんな自分の中に沸き起こる全てのことを自分で引き受けていく。そのことを改めて実感するセミナー1日目でした。 なぜ引き受けなければいけないのか・・ 引き受けないでいると、 寂しさに耐えられずに、他人を利用して自分の側