• 渡邊 優

新年明けましておめでとう御座います。


年始は2日に兄が退院し、孫(兄の子供たち)も実家に訪れ、賑やかなお正月を迎えることができました。

特に喜んでいる母や父の顔は本当に嬉しそうで、幸せそうで、何よりの孝行だったと思います。


そして肝心な私の今年の目標。

「私」として在る、ということがどういうことか。今一度しっかりと地に足がつくように、噛み締めるように、観察者であり、選択者である「私」として生きることを、今年一年の目標と致します。


そして、自身の持つパターンやこの世界についても、歪みなくあるがままの事実を見る、受け止める、を意識していきます。如実知見です。

どこを目指すか、どうありたいか、ブレずに邁進する一年と致します。


また、これは私の主観ですが、今年に入って何かが大きく変わったような気がします。心の在り方が大きく影響する時代。そんな時代の波が、昨年よりも増して、力強く押し寄せて来ている気がします。

清く純粋で強い心は、この宇宙の法則のもとに更に成長を続け、大きな役割を担ってゆく。利己心や我欲が強い心は、思い通りにならない現実が更に止めどなく続き、有無も言わさず苦しんでいく。

そのような大きな流れを感じます。

故に、私自身も、更なる成長を目指し、精進していく所存です。


皆様方におきましても、更なる飛躍の年となります事、祈念いたしております。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。




最新記事

すべて表示

秋の味覚

やっと秋らしい気候になってきました。 朝夕は肌寒く、日中は暖かく、クーラーも暖房も入れずに夜はぐっすり眠れて、空気も澄んで気持ちいい秋のこの時期が私は一番好きです。 人によって春が好き、夏が好き、もしくは冬が好きって方もいますね。それぞれの好みがあって好きなところも違う。そんな話を聞いていると、何となくその人の個性が現れていていいな、と思います。 私にとってはこの秋ど本命の、江ノ島の秋イカのシーズ

覚悟を育てる

最近よくパターンが騒ぎそうな時に、覚悟を意識しています。 嫌われるかもしれない、怒られるかもしれない、責められるかもしれない、一人になってしまうかもしれない、そんなパターンが騒ぎそうになって、保身に走りそうになる時に、もう嫌われる、怒られる、責められるかもしれない覚悟を持とう、一人でも生きていける覚悟を持とうと、あらゆることに対して覚悟を持つ、ということを意識しています。白黒ワークでも覚悟をキーワ

決めつけからの解放

白パターンを選んだ時、その白の状態にある時、今までとは違う、目が覚めてきているような感覚があります。無意識に選んできた黒パターンの状態は、それはそれはごく普通に、今まで通りに、それほど自分に定着しているのがよくわかります。寧ろこちらの方が馴染んでいる。 しかし、新たな白パターンを選んで行くうちに、あれ?今までの黒の感覚は何だったんだ?こうだ!と決めつけていて、そこの黒パターンの世界にどっぷりとハマ