• 渡邊 優

新年明けましておめでとう御座います。


年始は2日に兄が退院し、孫(兄の子供たち)も実家に訪れ、賑やかなお正月を迎えることができました。

特に喜んでいる母や父の顔は本当に嬉しそうで、幸せそうで、何よりの孝行だったと思います。


そして肝心な私の今年の目標。

「私」として在る、ということがどういうことか。今一度しっかりと地に足がつくように、噛み締めるように、観察者であり、選択者である「私」として生きることを、今年一年の目標と致します。


そして、自身の持つパターンやこの世界についても、歪みなくあるがままの事実を見る、受け止める、を意識していきます。如実知見です。

どこを目指すか、どうありたいか、ブレずに邁進する一年と致します。


また、これは私の主観ですが、今年に入って何かが大きく変わったような気がします。心の在り方が大きく影響する時代。そんな時代の波が、昨年よりも増して、力強く押し寄せて来ている気がします。

清く純粋で強い心は、この宇宙の法則のもとに更に成長を続け、大きな役割を担ってゆく。利己心や我欲が強い心は、思い通りにならない現実が更に止めどなく続き、有無も言わさず苦しんでいく。

そのような大きな流れを感じます。

故に、私自身も、更なる成長を目指し、精進していく所存です。


皆様方におきましても、更なる飛躍の年となります事、祈念いたしております。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。




最新記事

すべて表示

辞めた報告。

昨日営業同行に行ったのですが、結局説明を聞いただけで終わりました。 そして内容を聞いているうちにどんどん気持ち悪くなり、この仕事はやめて帰りました。 理由を書くと、透明性がなかったり、胡散臭かったりなどなどありますが、やっぱり、気持ち悪くなる。体が拒否する。これが一番の理由です。 正直、こんな感覚になるのは初めてでした。 聞けば聞くほど気持ち悪くなる。 昨日颯爽と日記に書いた自分がカッコ悪く、情け

お仕事

今日から仕事に行ってきます。 昼間、この勉強と趣味以外、たっぷり時間もあるため、仕事をしようと思いました。 営業の業務委託ですので、とりあえずやってみてから考えよう・・と思っています。 ぶっちゃけ、内容はいまいちわかっていません。どうやら病院が営業先のようです。 流石に右も左もわからないので、今日から上司と同行営業です。 そして上司との同行営業も、実に20年ぶりくらいなので、ちょっと緊張です。 で

もう抗わない

「思い通りにしたい」「思い通りじゃなきゃ嫌だ」「思い通りの自分じゃなきゃ嫌だ」 この私のパターンは、目の前の現実、もしくは現実の自分に抵抗し、抗っているのだと思いました。現実という世界に抗えば抗うほど、苦しさ、悔しさ、もどかしさは強くなり、それはまるで川の流れに逆らって泳ぐかの如く、もがき苦しむようです。 それは時に理想の自分像を追ってみたり、理想の結果を求めてみたりと、現実とは違う、何か理想郷的