top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

今年に入って早1ヶ月。

既に様々なことが世界で起こっています。

オーストラリアの森林火災が猛威をふるい、動植物の命を奪いました。

中東では戦争になるかと思われるような対立が続き、民間旅客機が撃墜され、罪のない民間人が犠牲となりました。そして今度は、中国を発端としたコロナウイルスが世界中に猛威をふるっています。


激動の2020年が始まった気がします。

そんな中でも私にできることは限られていて、現状マスクをして予防することくらいしかできません。

あとは、自分を見続けて、黒から白へと、パターンを変えていく。

愚直に、懲りずに、諦めずに、淡々とやっていく。

私に出来ることといえば、自分の中を整えていく事しかできないんだと諦めました。


しかし、この個人個人の小さな一歩が、世界を変えていくのではないか。

僅かな変化が周りに伝わり、少しづつ世界が良くなっていく。

そんな気がしています。



最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page