top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

今周りにあるものは、全てミームを上げるためにあるもの。

言い方を変えれば、全て自分の成長のためのもの。


一見嫌なこと、面倒臭いこと、不快なこと、腹が立つこと、そんなパターンがどうしようもなく騒ぐ出来事。そういったもの全てが、階段を登るために必要なもの。

そうすると無駄なものなど何一つなく、全てにおいて、パターンであればケアしていけばいいし、新たな白パターンに挑戦していけばいい。


自分のことになるとどうしても深刻に捉えてしまいますが、このような広い視点から物事や自分を見てみると、もっと楽に捉えてもいいのかもしれないと思いました。


それほど、何者かになろうとしていたのだと思いますし、認められる程の一角の人物じゃないと生き残っていけない。それくらい深刻に捉えていたのかもしれません。


何があっても、どれほどパターンが騒いでも、全ては階段を登るために用意された出来事。


そう思うと、あらゆることが平和で、愛おしく思うのかもしれませんね。

最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page