top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

パターンに飲まれ、あいつがあーだから、こいつがこう言ったからと、他人に意識が向いて憤慨している時、苛立ちや苦しさと共にいます。そんな時、自分が停滞しているのに気がつきます。

なぜか・・・・今の自分を受け入れ、認めない限り、前に進めないのだと思いました。人間て、そういう風にできているのだと。


私にも多分にそういう傾向があります。最近もありました。

実は分かってもらいたかった自分、優しくして欲しかった自分、認めて欲しかった、そうして自分に価値を感じたかった、しかし、そうしてもらえず自分を犠牲にしてしまった。犠牲にした分腹が立ち、ムカつく。


そんな今の自分を受け入れ、認めたその時から少しミームが上がり、解決へと向かいます。

解決とは、自分に問題があったと気づくこと。自分のパターンに気づくこと。


だから、自分を見ることは大事で、やらなければいつまで経ってもその領域で停滞し、苦しい状況が続くのだと思います。自分に向き合うことは、一見大変のようなことだけれども、成長でもあり、救いでもあるのです。


今の自分を受け入れ、認めない限り、前に進めない。

しかし逆からいうと、今の自分を受け入れ、認めた瞬間から、前に進み始める。

最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page