• 渡邊 優

最近インナーチャイルドに会いに行くようにしています。

小学生だった頃の自分です。その時の自分は、自分の家に居場所を感じられず、不信感を抱き、誰も信じられず、不貞腐れて、悶々としていた時の自分です。


以前はこのインナーチャイルドというものに対して抵抗感を感じていました。

もう過去のこと、終わったこと、昔のことをほじくり返すのは大人気ない、男らしくない、カッコ悪いと思い、遠い過去のことをおざなりにしてきたのです。しかしそれは今となって私の前に出てきています。


一人になりたくない、一人では生きられない、という黒パターンの元に、この傷ついたインナーチャイルドの姿が思い浮かびます。

今の私だからこそ、このインナーチャイルドに語りかける言葉も、優しさも、理解もあると思います。

あなたは一人じゃないという思いを伝えに、これから暫くはこのインナーチャイルドと共に過ごしていこうと思います。

最新記事

すべて表示

一人相撲

パターンに飲まれると、いつも一人相撲をする私です。 勝手に心配して、勝手に不安になって、勝手に恐れて、悲しんで、怖がって、寂しくなって、腹が立って、苛々して、ストレスになって、苦しくて、辛くてと、まさに一人相撲。言い方を変えると、思い込みまっしぐらです。 後から考えてみると、どうしてあんなに不安になった?恐れた?悲しかった?など、後々冷静になって思い返しても全く現実的ではなかったし、全て勝手に自分

パターンの救済

パターンの救済を本格的にやろうと思います。 今まではどちらかというと、いや、9割型パターンよりでワークをしてきました。 それはどうしてもパターンよりなので、パターン贔屓に物事を見て、考えがちです。 もうそこではない在り方、私がパターンを救うという、私の本来の役目を遂行しようと思いました。 私の中に核となって、ドンと居座っている「一人になりたくない」という黒パターン。 一人では生きていけないほどに誰

駅での一幕

先日、駅でご夫婦だと思うのですが、派手に口喧嘩をしているのを見かけました。 奥さんはご主人に 「女を舐めるな!」 「女を馬鹿にして下に見やがって!どうして男はこうなんだ!」 ご主人 「しょうがないだろ、そういうもんなんだよ!」 奥さん 「ふざけんな!男は女から産まれてんだよ!馬鹿にするな!」 ご主人 「ほら、いくぞ・・」 そんな一幕に遭遇しました。 確かに昭和の男性は、どこか女性を軽視している節が