top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

最近インナーチャイルドに会いに行くようにしています。

小学生だった頃の自分です。その時の自分は、自分の家に居場所を感じられず、不信感を抱き、誰も信じられず、不貞腐れて、悶々としていた時の自分です。


以前はこのインナーチャイルドというものに対して抵抗感を感じていました。

もう過去のこと、終わったこと、昔のことをほじくり返すのは大人気ない、男らしくない、カッコ悪いと思い、遠い過去のことをおざなりにしてきたのです。しかしそれは今となって私の前に出てきています。


一人になりたくない、一人では生きられない、という黒パターンの元に、この傷ついたインナーチャイルドの姿が思い浮かびます。

今の私だからこそ、このインナーチャイルドに語りかける言葉も、優しさも、理解もあると思います。

あなたは一人じゃないという思いを伝えに、これから暫くはこのインナーチャイルドと共に過ごしていこうと思います。

最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Opmerkingen


Opmerkingen zijn uitgezet.
bottom of page