• 渡邊 優

昨日は茅ヶ崎グループの勉強会でした。

今までは自分のこと、自分のパターンのことを開示する、というところに焦点が置かれていましたが、今回からは自分の思っていることを正直に言う、ということを各自が課題として取り組んでいました。この正直に言うというもの、今まであまり使ってこなかった部分でもあります。正直じゃなかったんですね〜。


そこにはパターンが先行して、こんなことを言ったら嫌われるんじゃないか、怒られるんじゃないか、責められるんじゃないか、相手の問題だし、などなどとして自分の保身に走り、伝えるべきこと、聞くべきこと、分からないこと、理解したいこと、それらをおざなりにしてきたのです。


そもそもパターン自体が強い決めつけで、嫌われるとか、責められると勝手に思い込んでいます。

もうそこを超えて人と関わっていく、それが本当の人間関係なのかもしれないと思いました。


私自身も何度も躊躇しながら、きちんと正直に伝えられたのは良かったと思います。

しかしそれ以上に良かったのは、みんなが同じ方向を向いて、共に試行錯誤しながら課題を乗り越えようとしている姿でした。変な遠慮や保身に囚われない在り方で、一人の課題をみんなの課題として取り組むその姿は、偽りのない人間関係を見ているようでした。


これぞ「勉強会」という名に相応しい勉強会でした。

今回もありがとうございました。

最新記事

すべて表示

一人相撲

パターンに飲まれると、いつも一人相撲をする私です。 勝手に心配して、勝手に不安になって、勝手に恐れて、悲しんで、怖がって、寂しくなって、腹が立って、苛々して、ストレスになって、苦しくて、辛くてと、まさに一人相撲。言い方を変えると、思い込みまっしぐらです。 後から考えてみると、どうしてあんなに不安になった?恐れた?悲しかった?など、後々冷静になって思い返しても全く現実的ではなかったし、全て勝手に自分

パターンの救済

パターンの救済を本格的にやろうと思います。 今まではどちらかというと、いや、9割型パターンよりでワークをしてきました。 それはどうしてもパターンよりなので、パターン贔屓に物事を見て、考えがちです。 もうそこではない在り方、私がパターンを救うという、私の本来の役目を遂行しようと思いました。 私の中に核となって、ドンと居座っている「一人になりたくない」という黒パターン。 一人では生きていけないほどに誰

駅での一幕

先日、駅でご夫婦だと思うのですが、派手に口喧嘩をしているのを見かけました。 奥さんはご主人に 「女を舐めるな!」 「女を馬鹿にして下に見やがって!どうして男はこうなんだ!」 ご主人 「しょうがないだろ、そういうもんなんだよ!」 奥さん 「ふざけんな!男は女から産まれてんだよ!馬鹿にするな!」 ご主人 「ほら、いくぞ・・」 そんな一幕に遭遇しました。 確かに昭和の男性は、どこか女性を軽視している節が