• 渡邊 優

昨日は茅ヶ崎グループの勉強会でした。

今までは自分のこと、自分のパターンのことを開示する、というところに焦点が置かれていましたが、今回からは自分の思っていることを正直に言う、ということを各自が課題として取り組んでいました。この正直に言うというもの、今まであまり使ってこなかった部分でもあります。正直じゃなかったんですね〜。


そこにはパターンが先行して、こんなことを言ったら嫌われるんじゃないか、怒られるんじゃないか、責められるんじゃないか、相手の問題だし、などなどとして自分の保身に走り、伝えるべきこと、聞くべきこと、分からないこと、理解したいこと、それらをおざなりにしてきたのです。


そもそもパターン自体が強い決めつけで、嫌われるとか、責められると勝手に思い込んでいます。

もうそこを超えて人と関わっていく、それが本当の人間関係なのかもしれないと思いました。


私自身も何度も躊躇しながら、きちんと正直に伝えられたのは良かったと思います。

しかしそれ以上に良かったのは、みんなが同じ方向を向いて、共に試行錯誤しながら課題を乗り越えようとしている姿でした。変な遠慮や保身に囚われない在り方で、一人の課題をみんなの課題として取り組むその姿は、偽りのない人間関係を見ているようでした。


これぞ「勉強会」という名に相応しい勉強会でした。

今回もありがとうございました。

最新記事

すべて表示

先祖にお祈りをする際、状況がキツイ時や迷っている時など、よく助けて!どっちに行ったらいい?と問いかけていました。それは、こちらからのお願いという祈りだったのです。しかしその返事はあるわけも無く、なんとなく惰性で自分で決めてきました。で、最近思ったのが、祈りの基本は感謝だよね、というものです。 今私が生きていられるのは先祖がいたからこそです。その血を受け継いで、今この肉体が存在しています。そして天や

『私のマントラ』 今、〜さんの言った言葉に私のパターンが引っかかりました。 しかしそれは、〜さんのせいではありません。 私が自分のパターンをケアしていなかったからです。 これから、そのパターンをケアしていきます。 〜さん、ありがとうございました。 あんなこと言われたくなかった、こんな扱いされたくなかった、色んなパターンに引っかかった際、私はまず最初に、このマントラを唱えます。 そしてとても不思議な

「嫌なことがないと人は成長しない・・」 先日の2日間のセミナー後、食事の際に先生が言った言葉です。 自分のことを思い返しても、成長してきた場面は常に嫌なことがありました。嫌なことがあって初めて自分と向き合い、パターンを見つけて語りかけをし、白黒ワークで白パターンを選んで実践していく。その過程では、未熟な今の自分を知り、反省する過程もあります。そんな自分を許しながら、人は成長するのだと思いました。