• 渡邊 優

「人のことはいいから自分のことをやる」

この言葉は、私がよく言われた言葉でもあり真理だとも思います。

昔の私は他人のことばかりが目につき、話していました。あの人がどうとか、この人がどうとか、その殆どの内容は他人へのジャッジや愚痴で「あの人より自分の方がマシ」と、そう思うことで自分に価値を感じたり、自分を肯定していたのです。しかしその逆も然りで、他人が上手くいっているのを見ると嫉妬をしている自分もいました。悔しかったり、惨めになったり、負けた気になったりして、色々と自分に言い訳をして現実を認めようとしませんでした。


心の中では悔しさや不快感が勝り、現実の世界でも他人との比較に囚われて集中力を失い、自分のことが手に付かないという悪循環だったのです。パターンの状態ですね。


「人のことはいいから自分のことをやる」この言葉は私の座右の銘です。

パターンにのまれ、自分が見えなくなったとき、この言葉を思い出します。

人のことはいいから自分のことをやれと。

とても大切な言葉です。

最新記事

すべて表示

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で

嫌なことがあったとき、苦しいことがあったとき、私は自然の中に入って緑の匂いを嗅いだり、土の匂いを嗅いだりして、心を落ち着かせるのに助けてもらっています。 そしていつも思うことですが、なんで自然はこんなに優しいのだろうと。 きっと何も見返りを求めずに、ジャッジなくただ与えているからだと思いました。 食物も、空気も、癒しも、何もかも与えてもらっています。 以前のセミナーで、宇宙は利他で出来ていると聞き

他人との比較は、無意識のうちにしていると思います。 私もそうでした。 他人と自分を比較し、時に自分はまだマシだと思い、安心したりします。 またその逆に、他人の方が優れていると思うと、自分はダメだと思い自己嫌悪に陥ります。 また他人からの評価も同じように、良い評価だと嬉しく優越感を感じ、悪い評価だと凹み自己嫌悪にこれまた陥ります。 そしてその次にやったのが、白パターンとしての、もう他人との比較や評価