top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

中立ワークをしていて真ん中のどちらにも属さない0のポジションに「人によって違う」というものがあります。


人によって違う。今までそれは頭で理解して当然だと思っていました。

人それぞれだし皆んな違って当たり前。意見も違うし容姿も違うし性格だって違う。

しかし一度パターンに引っ掛かるとその違いを受け入れられず、自分の思い通りにしたくなる。自分の正しさを押し付けたくなったり、相手を変えたくなるのです。


しかし今日思ったのは「人によって違っていい」というもの。

そこに思考はやパターンは入らず、ただ違いがある。それだけというものです。

それはなんとも言えない腑に落ちた感覚でした。植物も、動物も、一つとして同じものはないのに、違うということが「自然」なことだとは思えなかったのです。


ただ違うというだけなのに、どれほど自分も他人も型にはめようとしてきたことか・・・


人によって違っていい。

胸に留めておこうと思います。

最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page