top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

人が変わる時というのは、自分のパターンにそのままでいい、そこにいていいと、そう許せた時から、変わり始めるのだと思いました。


こうなりたい、ああなりたい、こうあるべき、を先にしてしまうと今の自分との違いに苦しみます。

順番が逆だったんです。今の自分を許し、これまでの自分も許す。そこから、これからの自分(白パターン)を構築するんです。


こうなりたい、ああなりたい、こうあるべきと言っているのはパターンですから、きっとそのパターンは今の自分に否定を持っているので、こうなりたい、ああなりたいと、言っているのだと思います。


自分を否定しているパターンをケアしてからの方が、パターンという決めつけから解き放たれて、対の新たな白パターンを構築しやすくなり、結果、選びやすくなるのだと思います。


色んな本に書かれている、こう考えればいい、こう見方を変えればいいというのは最もなのですが、それが出来ないというのは単に、黒パターンが全くケアされていないからだと思いました。


人の成長には順序があり、スキップ出来ない、ということを最近実感しています。

ということは、まずは黒パターンを認め、許していく。あっていいと、そこにいていいと。

最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page