top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

思い通りの自分じゃなきゃ嫌だ、のパターンが久しぶりに騒ぎ立てました。


来月行われるサーフィンの認定試験を受けるために海で練習をしていた時、前にできていた技ができない・・・以前のように体が動かない・・・

思い通りにいかない自分にイライラ、モヤモヤ、なんでできないんだチクショー!と、できていたものができなくなっていたのです。

思い通りにいかない自分にモヤモヤして、ぐぬぬぬ〜〜!っと力が入り、これでは当然できるものもできない・・そんな悪循環に陥っていました。


きっと黒パターンでいるときの結果とは、こういう状態なのだと思います。

悪循環、ストレス、フラストレーション。

これでは前に進めないどころか心身の疲れだけが先行して、決していい結果にはならないと思いました。


今までは自分を変えるために、これではダメだ、と自分に言い聞かせ、こうするべきと突き進んできました。それはブレーキを踏みながら同時にアクセルを踏むような状態だったのです。

これは消耗します。体力も気力も。


そうではなく、

できない自分を認め=ブレーキを離し

今のそのままの自分で課題に取り組む=前に進む

◯思い通りにならなくてもいい、今できることをしっかりやっていこう。

それが、新たな白パターンでの在り方なのだと思いました。


きっとこれは何にでも同じことが言えると思います。

歳をとり、今までのように心身が動かないことは、これからもっと増えると思います。


自分にフラストレーションを溜めず、新たな在り方を選んでいくことは、いい歳の取り方なのではないか?そんなことを思いました。

最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Commenti


I commenti sono stati disattivati.
bottom of page