• 渡邊 優

思い通りの自分じゃなきゃ嫌だ、のパターンが久しぶりに騒ぎ立てました。


来月行われるサーフィンの認定試験を受けるために海で練習をしていた時、前にできていた技ができない・・・以前のように体が動かない・・・

思い通りにいかない自分にイライラ、モヤモヤ、なんでできないんだチクショー!と、できていたものができなくなっていたのです。

思い通りにいかない自分にモヤモヤして、ぐぬぬぬ〜〜!っと力が入り、これでは当然できるものもできない・・そんな悪循環に陥っていました。


きっと黒パターンでいるときの結果とは、こういう状態なのだと思います。

悪循環、ストレス、フラストレーション。

これでは前に進めないどころか心身の疲れだけが先行して、決していい結果にはならないと思いました。


今までは自分を変えるために、これではダメだ、と自分に言い聞かせ、こうするべきと突き進んできました。それはブレーキを踏みながら同時にアクセルを踏むような状態だったのです。

これは消耗します。体力も気力も。


そうではなく、

できない自分を認め=ブレーキを離し

今のそのままの自分で課題に取り組む=前に進む

◯思い通りにならなくてもいい、今できることをしっかりやっていこう。

それが、新たな白パターンでの在り方なのだと思いました。


きっとこれは何にでも同じことが言えると思います。

歳をとり、今までのように心身が動かないことは、これからもっと増えると思います。


自分にフラストレーションを溜めず、新たな在り方を選んでいくことは、いい歳の取り方なのではないか?そんなことを思いました。

最新記事

すべて表示

喉元過ぎれば熱さ忘れるとは言いますが、本当にそのようで、ワークをして何日かすると、本当に何事もなかったような気分になります。そしてこのワークをするにあたり、ただ自分のパターンをケアするだけではなく、改めて自分のことをちゃんと見つめ、理解し、受け止める。ということだと思いました。 自分を見るというと、最初の頃は自分のあら探しのように悪いところばかりが目につき、自分を見ることに抵抗感を感じていました。

自分を見ていると、自分のパターンのことや特徴がわかってきます。 そしてここがミソなんですが「きっとみんなも同じだろう」という思いも同時にあります。 しかし勉強会やグループで話を聞いていると、決して同じではないことがわかってきます。 人によって全く違う個性があって、取り組んでいる、乗り越えようとしているのもが全く別物なんです。しかし、自分がそうだからきっとみんなも同じだろう・・・これはなんなんだ?と

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で