top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

自分の方が上だ。

サーフィンをしているときにこの黒パターンが久しぶりに騒ぎました。このパターンが騒ぐと大抵、負けたくないというパターンも同時に騒ぎ、その相手に囚われます。


本来であれば自分のことだけに集中すればいいのですが、自身のパターンに翻弄され、負けたくない相手ばかり気になり、終いには相手の一挙一動に苛々して腹が立ってくるのです。俺の方が年上だとか、俺の方が先輩だとか、俺の方が古くからいるとか、俺の方が上手いとか・・・

そんな考えが生まれ、おっととと思い、まずはその場から離れました。

相手がどうのこうのというより、ちょっと離れて自分のパターンを見て、パターンに翻弄されないようにした行動でした。


そして今語りかけをやっています。パターンは少し落ち着いた様子。

正直、こんな大人気ない自分は嫌だなと思ったりもするのですが、ちゃんと語りかけないとパターンは落ち着かないですし、その翻弄された状態もまた辛いもの。


だから今日もワークをして、自分の中に平和を作っていこうと思います。

それが一番の救いなのかも。

最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page