• 渡邊 優

約1ヶ月振りのバレエレッスに行ってきました。

いやあ〜〜!!いいですね!!一切ブレることのないバレエに対する在り方、ピリッとした雰囲気、集中力をフルに使い、必死でついていくしかない諦めの境地!


言い訳も、出来ないも、分からないも通用しない、とにかくやるしかない、他の選択の余地がない世界。こう書くと共産主義のようなイメージを抱かれそうですが、全くその逆で、しっかりとした型の中に自由と美しさが混在している。そんなイメージです。大事なことは、基礎という型であり、基礎を重視するあまりに厳しくもなるのかと思います。しかしその厳しさも一つの快感でもあるのです。それはバレエだけではない、先生の在り方、生き方そのものが、一つのお手本になっているようにも感じました。それほどまでに、ブレることがない世界と先生。


最近では、自由にやること、楽しくやることが重要視され「とにかくやれ!いいからやれ!」このようなスパルタンな言いようは「パワハラだ!」と言われかねない風潮すらあります。しかし、そんな風潮すら跳ね返すパワーと、一本筋の通った在りようは私の背筋を真っ直ぐにさせ「これが尊厳か!」と思わせる強さを感じるのです。


そして厳しいだけではない細かな指導と、出来ない生徒の下まで降りてくる在りようは、「先生」という立場を背中を見て学ばせてもらっているようでした。こんな世界見たことがないです。


そして今朝は、足がパンパンに筋肉痛です。。。イテテ。

最新記事

すべて表示

今の自分の課題ですが、もっと他人に対して愛を持って接していきたい・・と思っています。 それは今までとは違う自分です。今までは自分のことだけをやってきました。自分のために自分の声を聞いて、パターンのケアをして、自分を理解して、自分を許してと・・それはそれで続けていくのですが、他人に対しても愛が持てるようになりたいと思ったんです。 物事に対してや、他人の感じていること、他人の問題に対して、何処か他人事

セミナー2日間が終わり、今消化しながら少しづつ自分の中に落とし込んでいます。 個人的な課題もさることながら、やるべきこと、手放していくこと、それらは満載のように思いました。 今という時代が変化、変動をしているとき、自分も変わっていかなければならないと思います。しかもスピード感を持って。 そこで自分の弊害となってくるのが、今までのままでいい、変わりたくない、変えたくない、という黒パターンの声です。今

外側から派生して自分の中で起こること、腹立たしさや苛立ち、悔しさ、なんとも言えないもどかしさ、分かってもらえない苦しさ、受け入れてもらえなかった悲しみ、嫌われた寂しさ、一人きりの惨めさ、そんな自分の中に沸き起こる全てのことを自分で引き受けていく。そのことを改めて実感するセミナー1日目でした。 なぜ引き受けなければいけないのか・・ 引き受けないでいると、 寂しさに耐えられずに、他人を利用して自分の側