• 渡邊 優

約1ヶ月振りのバレエレッスに行ってきました。

いやあ〜〜!!いいですね!!一切ブレることのないバレエに対する在り方、ピリッとした雰囲気、集中力をフルに使い、必死でついていくしかない諦めの境地!


言い訳も、出来ないも、分からないも通用しない、とにかくやるしかない、他の選択の余地がない世界。こう書くと共産主義のようなイメージを抱かれそうですが、全くその逆で、しっかりとした型の中に自由と美しさが混在している。そんなイメージです。大事なことは、基礎という型であり、基礎を重視するあまりに厳しくもなるのかと思います。しかしその厳しさも一つの快感でもあるのです。それはバレエだけではない、先生の在り方、生き方そのものが、一つのお手本になっているようにも感じました。それほどまでに、ブレることがない世界と先生。


最近では、自由にやること、楽しくやることが重要視され「とにかくやれ!いいからやれ!」このようなスパルタンな言いようは「パワハラだ!」と言われかねない風潮すらあります。しかし、そんな風潮すら跳ね返すパワーと、一本筋の通った在りようは私の背筋を真っ直ぐにさせ「これが尊厳か!」と思わせる強さを感じるのです。


そして厳しいだけではない細かな指導と、出来ない生徒の下まで降りてくる在りようは、「先生」という立場を背中を見て学ばせてもらっているようでした。こんな世界見たことがないです。


そして今朝は、足がパンパンに筋肉痛です。。。イテテ。

最新記事

すべて表示

基本に返る

今、語りかけを3つほど行っています。 先日のセミナーで気付かされ、自分では見れていなかったパターンです。 このパターンに対して、ゆっくり、丁寧に、語りかけをしています。 目に涙を溜め、うるうるすることもあれば、胸にジーンと響く時もあり、その時々で感覚は違いますが、確実に届いている。私の理解や共感、慈悲というものがきっとパターンに感動を与えているのだと思います。 思い返すと今までどれほどの語りかけを

オリンピック

呪われたオリンピックと揶揄されていますが、私は以前から東京オリンピックを楽しみにしていました。特に今回から正式種目となったサーフィンを毎日楽しく観戦しています。 しかし世界の若いトッププロはどんな舞台においてもニコニコしていて、楽しそうに演技をしています。肩の力も抜けて、本来の自分のパフォーマンスが出せているのが見ているこちらにも分かります。 しかし日本代表はどこか気合が入りすぎて顔が怖い・・・

今周りにあるもの

今周りにあるものは、全てミームを上げるためにあるもの。 言い方を変えれば、全て自分の成長のためのもの。 一見嫌なこと、面倒臭いこと、不快なこと、腹が立つこと、そんなパターンがどうしようもなく騒ぐ出来事。そういったもの全てが、階段を登るために必要なもの。 そうすると無駄なものなど何一つなく、全てにおいて、パターンであればケアしていけばいいし、新たな白パターンに挑戦していけばいい。 自分のことになると