• 渡邊 優

親父が虫垂炎で入院したのですが、明日が退院のため、明日は久しぶりに実家に親孝行しに行ってきます。


しかし最近の手術は退院がすごく早い。

腹腔鏡手術で体に負担もなく、3日で退院です。術後もケロっとしていて目に光も戻り、心配する間もなくアッというまに帰ってくる。そして病院はガラガラ、コロナの影響でしょう。。。

近日に父の日もあるので、ウナギを手土産に退院祝いをしてこようと思います。


しかし以前はあれほど親父を憎んでいた私ですが、今のような親父との関係ができるとは想像もしませんでした。当時はこの勉強を本格的に始めたばかりで、最初に一番暴れたパターンが親父との確執でした。このパターンにはもう随分長く語りかけをしたのを覚えています。

まるで縋るように、もうここにしか救いはないという思いでやっていました。

それほど、「憎い」「許せない」という感情に苦しんでいたのです。

それだけ長い間、放って置いたということなんだと思います。


そしてここでの、「語りかけ」というワークは応えてくれたのです。

本当に少しずつ、3ミリ進んで2ミリ戻る。それくらいのペースで、少しずつ、少しずつ、ほんの少しずつですが、パターンが静まっていったのを今でも覚えいます。


当時は実の親父が憎くてしょうがなく、色々と確執のあった父との関係ですが、今は全く確執は感じられず、むしろ信頼関係ができて、今の関係は過去1だと思います。


そんな親父には、これからも、健康で幸せに、お袋と楽しく暮らしてもらいたいと切に願っています。


ここのうなぎめちゃくちゃ美味い😋


最新記事

すべて表示

オリンピック

呪われたオリンピックと揶揄されていますが、私は以前から東京オリンピックを楽しみにしていました。特に今回から正式種目となったサーフィンを毎日楽しく観戦しています。 しかし世界の若いトッププロはどんな舞台においてもニコニコしていて、楽しそうに演技をしています。肩の力も抜けて、本来の自分のパフォーマンスが出せているのが見ているこちらにも分かります。 しかし日本代表はどこか気合が入りすぎて顔が怖い・・・

今周りにあるもの

今周りにあるものは、全てミームを上げるためにあるもの。 言い方を変えれば、全て自分の成長のためのもの。 一見嫌なこと、面倒臭いこと、不快なこと、腹が立つこと、そんなパターンがどうしようもなく騒ぐ出来事。そういったもの全てが、階段を登るために必要なもの。 そうすると無駄なものなど何一つなく、全てにおいて、パターンであればケアしていけばいいし、新たな白パターンに挑戦していけばいい。 自分のことになると

今か後か

見たくない、見ようとしない、なぜならもうそれ以上傷つきたくないから。 自分を見るとき、中々目を向けられずにいるときは、大体このような時が多いです。 しかし残念ながら、前に進むには自分を見て、理解し、受け入れていくほかありません。 その時はキツく、苦しくても、先々自分のためになる、ということだけは分かるのですから。 先にやるか、後に回すかの違いなだけ。これも散々やってきたこと。 後に回せば回すほど同