• 渡邊 優

親父が虫垂炎で入院したのですが、明日が退院のため、明日は久しぶりに実家に親孝行しに行ってきます。


しかし最近の手術は退院がすごく早い。

腹腔鏡手術で体に負担もなく、3日で退院です。術後もケロっとしていて目に光も戻り、心配する間もなくアッというまに帰ってくる。そして病院はガラガラ、コロナの影響でしょう。。。

近日に父の日もあるので、ウナギを手土産に退院祝いをしてこようと思います。


しかし以前はあれほど親父を憎んでいた私ですが、今のような親父との関係ができるとは想像もしませんでした。当時はこの勉強を本格的に始めたばかりで、最初に一番暴れたパターンが親父との確執でした。このパターンにはもう随分長く語りかけをしたのを覚えています。

まるで縋るように、もうここにしか救いはないという思いでやっていました。

それほど、「憎い」「許せない」という感情に苦しんでいたのです。

それだけ長い間、放って置いたということなんだと思います。


そしてここでの、「語りかけ」というワークは応えてくれたのです。

本当に少しずつ、3ミリ進んで2ミリ戻る。それくらいのペースで、少しずつ、少しずつ、ほんの少しずつですが、パターンが静まっていったのを今でも覚えいます。


当時は実の親父が憎くてしょうがなく、色々と確執のあった父との関係ですが、今は全く確執は感じられず、むしろ信頼関係ができて、今の関係は過去1だと思います。


そんな親父には、これからも、健康で幸せに、お袋と楽しく暮らしてもらいたいと切に願っています。


ここのうなぎめちゃくちゃ美味い😋


最新記事

すべて表示

外見に左右される

最近あることに気がつきました。それは黒パターンなのですが、人の外見に左右されるということです。私の場合、見てくれがゴツくて、強そうで、顔も髭面で、ブスッとした屈強な男性を見ると怖そうに感じ、どこかビクビクする。パターンからしたら、そういう人は人を傷つけてきた、もしくは力で人をねじ伏せてきた、だから自分もそうされるだろうと思うからです。パターンはそうだと決めつけています。だから体が萎縮してビクつくの

感謝

バレエスタジオに通っていた73歳の女性の方が亡くなりました。 この方はきみこさんと言って、バレエだけに限らず、ピアノを演奏して発表会にまで出ていた方でした。 私がバレエスタジオに通いはじめた頃、私は男性一人ということもあり、誰とも喋らず、目も合わさず、何処にも自分の居場所を感じずにいた時、きみこさんはバレエ初めて入門という初心者用の本を持ってきて貸してくださいました。それからはことあるごとに私に声

特権意識・・

昨日江ノ島でイカを釣っていると、隣のおじさんが、よく釣るね、どうやって釣るの?と聞かれました。私は意気揚々とイカの釣り方を説明しだして、天下を取ったかのごとく、詳しく説明したのです。 浮き足立って説明しているこの状態・・・あれ??なんだ?このゾワゾワ感・・ 一通り説明し終わった後、先程の感覚を思い出していました。 隣のおじさんに、よく釣るね、と言われたことで「自分は特別だ」という私の黒パターンがそ