• 渡邊 優

昨日はワクチン接種2回目の副反応で熱を出して寝ていました。

それまでの私はワクチンには懐疑的で、得体の知れないもの、未知なるもの、という意味づけを持っていたのです。


しかし昨年末から親しい友人が流行り病となり、緊急搬送されエクモをつけていたけどガチで死にかけたと、そんな友人からの忠告もあり接種に至りました。


そんな体験の中、いい機会なのでワクチンについて中立ワークで考えてみました。



ワクチン

ー 得体の知れないもの、何が入っているのかわからない、未知なるもの、将来的にどんな副作用があるのかわからない、危険かもしれない、副反応が強い、アレルギーのある人にはきついかも、亡くなる人もいる


0 絶対ではない 人によって違う ただ一つの体験


+ 抗体を作る、体を守る、重症化にならないかも、集団免疫をつくるかも、罹らないかも、人類の進歩につながるかも



今回、両方の立場を経験してわかったことは、どちらが正しくてどちらが間違っているのではなく、両方あっていいというものでした。人によって当然違うし、状況によっても違うと思います。ましてやこれが絶対というものでもないと思いました。


大切なことは、両者への理解と、自由な選択だと思ったのです。

両方を体験して解った新たな見地でした。



最新記事

すべて表示

喉元過ぎれば熱さ忘れるとは言いますが、本当にそのようで、ワークをして何日かすると、本当に何事もなかったような気分になります。そしてこのワークをするにあたり、ただ自分のパターンをケアするだけではなく、改めて自分のことをちゃんと見つめ、理解し、受け止める。ということだと思いました。 自分を見るというと、最初の頃は自分のあら探しのように悪いところばかりが目につき、自分を見ることに抵抗感を感じていました。

自分を見ていると、自分のパターンのことや特徴がわかってきます。 そしてここがミソなんですが「きっとみんなも同じだろう」という思いも同時にあります。 しかし勉強会やグループで話を聞いていると、決して同じではないことがわかってきます。 人によって全く違う個性があって、取り組んでいる、乗り越えようとしているのもが全く別物なんです。しかし、自分がそうだからきっとみんなも同じだろう・・・これはなんなんだ?と

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で