• 渡邊 優

昨日はワクチン接種2回目の副反応で熱を出して寝ていました。

それまでの私はワクチンには懐疑的で、得体の知れないもの、未知なるもの、という意味づけを持っていたのです。


しかし昨年末から親しい友人が流行り病となり、緊急搬送されエクモをつけていたけどガチで死にかけたと、そんな友人からの忠告もあり接種に至りました。


そんな体験の中、いい機会なのでワクチンについて中立ワークで考えてみました。



ワクチン

ー 得体の知れないもの、何が入っているのかわからない、未知なるもの、将来的にどんな副作用があるのかわからない、危険かもしれない、副反応が強い、アレルギーのある人にはきついかも、亡くなる人もいる


0 絶対ではない 人によって違う ただ一つの体験


+ 抗体を作る、体を守る、重症化にならないかも、集団免疫をつくるかも、罹らないかも、人類の進歩につながるかも



今回、両方の立場を経験してわかったことは、どちらが正しくてどちらが間違っているのではなく、両方あっていいというものでした。人によって当然違うし、状況によっても違うと思います。ましてやこれが絶対というものでもないと思いました。


大切なことは、両者への理解と、自由な選択だと思ったのです。

両方を体験して解った新たな見地でした。



最新記事

すべて表示

外側から派生して自分の中で起こること、腹立たしさや苛立ち、悔しさ、なんとも言えないもどかしさ、分かってもらえない苦しさ、受け入れてもらえなかった悲しみ、嫌われた寂しさ、一人きりの惨めさ、そんな自分の中に沸き起こる全てのことを自分で引き受けていく。そのことを改めて実感するセミナー1日目でした。 なぜ引き受けなければいけないのか・・ 引き受けないでいると、 寂しさに耐えられずに、他人を利用して自分の側

今日はこれから茅ヶ崎グループのセミナーです。 前回のセミナーはコロナに感染したためお休みしましたので、約4ヶ月ぶりの学びになります。 この4ヶ月どうだったかと言うと、ごくごく普通の毎日を過ごしていました。 その中でコロナに感染したり、肋骨を折ったりしたので家にいる期間が長かった分、自分に向き合う時間も、物事を考える時間も多かったように感じます。 特に思考には注意を払って見ていました。この思考はどこ

先日、ある方から食事に行こうと誘われました。しかしその方と食事にいくと話が長くなるのでいつも断っていました。そして今回も断ったのですが、断った際に自分の中で違和感を感じました。断ることに躊躇している自分がいたんです。なぜ躊躇していたのかというと、断ったら嫌われるんじゃないか、冷たくされるんじゃないか、自分が傷ついて一人になるんじゃないか、そんな思いがありました。だから躊躇したんです。 そんな断る、