• 渡邊 優

どれくらい前でしょう・・

多分、三週間か一ヶ月くらい前だったと思います。

寝ている時、自分の体が宙に浮いていて、ふわふわした浮遊感の中、宙を漂っていました。その浮遊感はとても気持ちがよくて、このままずっとこうしていたい。そう思ったのを覚えています。


そして目が覚めた時、ズーンという、なんとも言えない重さと、不自由さを感じたのです。

その重さはとても強い重力に感じました。そしてその不自由さは何かに閉じ込められたような不自由さでした。


以前何かの本で読んだ、魂が身体から抜ける体験、幽体離脱と言うのでしょうか、言うなればそれに近い体験だったように思います。

物質世界は周波数の低い世界だと言います。それ故に魂からしたら全てが重く、不自由に感じるのだそうです。


私は以前、辛く苦しいことが重なった時に、不謹慎にも「この世が全て消えてなくなればいいのに・自分も消えてなくなりたい」そんな風に思ったことがありました。


しかし、人が死んであの世に帰った時、物質世界の出来事をとても懐かしく思うそうです。

物質世界特有の、辛さ、苦しさ、悲しみ、寂しさも、楽しかったこと、嬉しかったことも、その全てが懐かしく、いい思い出になるそうです。できることならもう一度あの体験から学びたいと。

きっと向こうの世界からしたら、この物質世界でしか体験できないこと、学べないことが沢山あるのだと思います。


この世での貴重な体験をちゃんと噛み締めて学んでいこう。

そんなことを不思議な体験から学ぶのでした。



最新記事

すべて表示

喉元過ぎれば熱さ忘れるとは言いますが、本当にそのようで、ワークをして何日かすると、本当に何事もなかったような気分になります。そしてこのワークをするにあたり、ただ自分のパターンをケアするだけではなく、改めて自分のことをちゃんと見つめ、理解し、受け止める。ということだと思いました。 自分を見るというと、最初の頃は自分のあら探しのように悪いところばかりが目につき、自分を見ることに抵抗感を感じていました。

自分を見ていると、自分のパターンのことや特徴がわかってきます。 そしてここがミソなんですが「きっとみんなも同じだろう」という思いも同時にあります。 しかし勉強会やグループで話を聞いていると、決して同じではないことがわかってきます。 人によって全く違う個性があって、取り組んでいる、乗り越えようとしているのもが全く別物なんです。しかし、自分がそうだからきっとみんなも同じだろう・・・これはなんなんだ?と

久しぶりに、ガツンときた・・出来事がありました。 夜も寝つきが悪く、メチャクチャ落ち込みました。 自分一人の問題ではないのでここで書くことは控えさせていただきますが、本当の久々に自分を責め倒しました。自分だけならどうでもいい、どんな罰でも甘んじて受けよう。しかし、関係のない人にまで迷惑をかけたくない、そんな強い思いが自分を責めていたんです。 勿論その後ワークをしましたが、それでも後味の悪い出来事で