top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

「上」の中立ワークをやる前に、昨日の「下」の中立ワークから見えてきたものがありました。

それは「下になりたくない!」という強烈なパターンです。こちらの語りかけが先だと思い、語りかけを優先してやっていました。そしてなぜ私のパターンは下になりたくないのか?それは、なぜならば、下になったら服従して他人の思い通りになるし、尊厳を奪われて自分を生きてゆけなくなる。だから、下になっては"絶対にダメ"だと・・・そうしたら出るわ出るわ、大量で大粒の涙が!


このパターンは幼少の頃からの父からのDV、そして小、中、高の先輩との鉄の上下関係や、社会で培った関係性という経験から強化されていったパターンだと思いました。


下になる=服従して尊厳を奪われる、と思っていたら、何が何でも下にはいられませんね。


そして今朝から「どうかな〜?選べるかな〜?」と、半信半疑の中、白黒ワークを行いました。今回選んだ白は「もう下になるとは、服従して尊厳を奪われることだと決めつけて自分を苦しめるのはやめよう」です。この部屋の中にいると、広い広い解放感と大きな自由を感じました。


あ〜〜、こっちで良かったんだと、自分の中にあった大きなしこりが少し解けた気がして、今はホッとしています。


最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

コメント


コメント機能がオフになっています。
bottom of page