• 渡邊 優

膝の状態がだいぶ良くなってきたので、久しぶりに海に入りました。

無理しない程度にサクッとサーフィンをして、海の気持ち良さに触れてスッキリしました。


もうサーフィンスクールに行かなくなって早2ヶ月ほどですが、随分と経ったような気がします。

通っていた当時は躍起になって上手くなることを目標に頑張っていましたが、今は全くムキになることがありません。のんびりとやっている状態です。きっとスクールで躍起になってやっていた頃は、負けたくない、舐められたくない、下にはなりたくないなど、勝ち負けのパターンや、比較のパターンで頑張っていたのだと思います。それほどまでに誰かの「下」にはなりたくなかったのですね。


そもそもこの「下」というもの。下の意味づけをちゃんと考えてこなかったので、いい機会なので考えてみます。


(ー) 負け、服従、奴隷、パシリ、惨め、言いなり、尊厳がなくなる、諦め、終わり


(0)ただ一つの体験、絶対ではない、人によって違う


(+) 自由、可能性、やりがい、夢がある、希望がある、成長できる、下の人の気持ちがわかる


こうして改めて自分の意味づけを見てみると、マイナスのインパクトが強すぎる・・・これじゃあ下にはなりたくないよね・・と。


明日はこの逆の「上」というものの意味づけを考えてみたいと思います。

最新記事

すべて表示

振る舞いから降りる。

誰もが抱く、穏やかな心や軽やかな心、どうやったらそういう心になれるのか、もしくはそういう人になれるのか、そんなことを昔はよく考えていました。勝手な想像として、そういう人間はレベルが高い、良い人と思われる、好かれる、大切にされる、敵を作らない、味方が増える、世間で得をする、そんな風に思っていたのです。 しかし、本当の心の内はドキドキハラハラしていても、穏やかな「振る舞い」をしていたのをよく覚えていま

外見に左右される

最近あることに気がつきました。それは黒パターンなのですが、人の外見に左右されるということです。私の場合、見てくれがゴツくて、強そうで、顔も髭面で、ブスッとした屈強な男性を見ると怖そうに感じ、どこかビクビクする。パターンからしたら、そういう人は人を傷つけてきた、もしくは力で人をねじ伏せてきた、だから自分もそうされるだろうと思うからです。パターンはそうだと決めつけています。だから体が萎縮してビクつくの

感謝

バレエスタジオに通っていた73歳の女性の方が亡くなりました。 この方はきみこさんと言って、バレエだけに限らず、ピアノを演奏して発表会にまで出ていた方でした。 私がバレエスタジオに通いはじめた頃、私は男性一人ということもあり、誰とも喋らず、目も合わさず、何処にも自分の居場所を感じずにいた時、きみこさんはバレエ初めて入門という初心者用の本を持ってきて貸してくださいました。それからはことあるごとに私に声