• 渡邊 優

先日「俺の方が上だ!」のパターンが騒いだので、改めてこの「上」について考えてみました。


上の人とは一般的には、先輩、上司、社長、監督やコーチ、指導者、先生などだと思います。そしてこれら、上の人には責任があるのだと思います。それは下を育てる責任や、ちゃんと指導する責任、また時には自分を犠牲にして下を守る責任もあるかもしれないし(力のあるものが力のないものを助ける)そこには本当の力や強さが求められ、嫌われてもいいという本気の覚悟も必要なのだと思う。そんな本当の上の人になるには相応の責任と人格が必要になってくるのだと思うのです。


しかしパターンが求める上には、負けたくないとか、思い通りにしたいとか、舐められたくないとか、自分は特別だとか、ただ人の上に立って満足したいという、非常に自己中で利己的な性質なのがよく分かります。


こうして改めて見てみると前者の正しい上と、パターンの求める上とでは大きな開きがあるのがよく分かります。

非常に思考的ではありますが、この違いをしっかりと把握し、正しい上をちゃんと理解するということが自分には必要なのだと思いました。

最新記事

すべて表示

辞めた報告。

昨日営業同行に行ったのですが、結局説明を聞いただけで終わりました。 そして内容を聞いているうちにどんどん気持ち悪くなり、この仕事はやめて帰りました。 理由を書くと、透明性がなかったり、胡散臭かったりなどなどありますが、やっぱり、気持ち悪くなる。体が拒否する。これが一番の理由です。 正直、こんな感覚になるのは初めてでした。 聞けば聞くほど気持ち悪くなる。 昨日颯爽と日記に書いた自分がカッコ悪く、情け

お仕事

今日から仕事に行ってきます。 昼間、この勉強と趣味以外、たっぷり時間もあるため、仕事をしようと思いました。 営業の業務委託ですので、とりあえずやってみてから考えよう・・と思っています。 ぶっちゃけ、内容はいまいちわかっていません。どうやら病院が営業先のようです。 流石に右も左もわからないので、今日から上司と同行営業です。 そして上司との同行営業も、実に20年ぶりくらいなので、ちょっと緊張です。 で

もう抗わない

「思い通りにしたい」「思い通りじゃなきゃ嫌だ」「思い通りの自分じゃなきゃ嫌だ」 この私のパターンは、目の前の現実、もしくは現実の自分に抵抗し、抗っているのだと思いました。現実という世界に抗えば抗うほど、苦しさ、悔しさ、もどかしさは強くなり、それはまるで川の流れに逆らって泳ぐかの如く、もがき苦しむようです。 それは時に理想の自分像を追ってみたり、理想の結果を求めてみたりと、現実とは違う、何か理想郷的