• 渡邊 優

先日「俺の方が上だ!」のパターンが騒いだので、改めてこの「上」について考えてみました。


上の人とは一般的には、先輩、上司、社長、監督やコーチ、指導者、先生などだと思います。そしてこれら、上の人には責任があるのだと思います。それは下を育てる責任や、ちゃんと指導する責任、また時には自分を犠牲にして下を守る責任もあるかもしれないし(力のあるものが力のないものを助ける)そこには本当の力や強さが求められ、嫌われてもいいという本気の覚悟も必要なのだと思う。そんな本当の上の人になるには相応の責任と人格が必要になってくるのだと思うのです。


しかしパターンが求める上には、負けたくないとか、思い通りにしたいとか、舐められたくないとか、自分は特別だとか、ただ人の上に立って満足したいという、非常に自己中で利己的な性質なのがよく分かります。


こうして改めて見てみると前者の正しい上と、パターンの求める上とでは大きな開きがあるのがよく分かります。

非常に思考的ではありますが、この違いをしっかりと把握し、正しい上をちゃんと理解するということが自分には必要なのだと思いました。

最新記事

すべて表示

祝!横浜高校 甲子園出場決定!

私の母校、横浜高校が夏の甲子園出場を決めました! 在学中にも一回甲子園へ行き、私も甲子園に応援に行きました。 人生の中で高校野球を見るために甲子園へ行く機会もそうそうないだろうとゆうことで、学校が用意してくれたバスで応援に行ったのです。 ザ男子校!というむさ苦しい男だらけでしたが、ガチの応援団(魁男塾なみ)が団旗を立て、張り裂けんばかりの大声を出して応援する姿は一見の価値がありました。 甲子園名物

自分にしかできない

ここのところワークをしていて思うのですが、私たちがやっているワークというのは、自分でやる、というのが大前提となっています。 誰かが代わりにやってくれるわけでもなく、できるわけでもない、自分にしかできない、自分のためのワークです。もうこれって、この時点で自立への階段(まだちっさい階段ですが)を登り始めているのではないかと思うのです。 自分のため、というと、今までは自分が得する、有利に働く、勝てるよう

失敗や間違い

生きていれば、失敗や間違いはあると思います。 私にとっての失敗や間違いは、黒パターンで言動してしまうこと。 大切なのは、そのあと、自分はどうするのかが、大切だと思っています。 誰かを傷つけてしまったり、迷惑をかけてしまったら謝りますし、そしてもう一度自分と向き合い、パターンをケアするのが大切だと思っています。 しかし、昔はそんなことを知らなかった、わかっていなかったので、外側に目を向けて、自分の問