• 渡邊 優

先日「俺の方が上だ!」のパターンが騒いだので、改めてこの「上」について考えてみました。


上の人とは一般的には、先輩、上司、社長、監督やコーチ、指導者、先生などだと思います。そしてこれら、上の人には責任があるのだと思います。それは下を育てる責任や、ちゃんと指導する責任、また時には自分を犠牲にして下を守る責任もあるかもしれないし(力のあるものが力のないものを助ける)そこには本当の力や強さが求められ、嫌われてもいいという本気の覚悟も必要なのだと思う。そんな本当の上の人になるには相応の責任と人格が必要になってくるのだと思うのです。


しかしパターンが求める上には、負けたくないとか、思い通りにしたいとか、舐められたくないとか、自分は特別だとか、ただ人の上に立って満足したいという、非常に自己中で利己的な性質なのがよく分かります。


こうして改めて見てみると前者の正しい上と、パターンの求める上とでは大きな開きがあるのがよく分かります。

非常に思考的ではありますが、この違いをしっかりと把握し、正しい上をちゃんと理解するということが自分には必要なのだと思いました。

最新記事

すべて表示

振る舞いから降りる。

誰もが抱く、穏やかな心や軽やかな心、どうやったらそういう心になれるのか、もしくはそういう人になれるのか、そんなことを昔はよく考えていました。勝手な想像として、そういう人間はレベルが高い、良い人と思われる、好かれる、大切にされる、敵を作らない、味方が増える、世間で得をする、そんな風に思っていたのです。 しかし、本当の心の内はドキドキハラハラしていても、穏やかな「振る舞い」をしていたのをよく覚えていま

外見に左右される

最近あることに気がつきました。それは黒パターンなのですが、人の外見に左右されるということです。私の場合、見てくれがゴツくて、強そうで、顔も髭面で、ブスッとした屈強な男性を見ると怖そうに感じ、どこかビクビクする。パターンからしたら、そういう人は人を傷つけてきた、もしくは力で人をねじ伏せてきた、だから自分もそうされるだろうと思うからです。パターンはそうだと決めつけています。だから体が萎縮してビクつくの

感謝

バレエスタジオに通っていた73歳の女性の方が亡くなりました。 この方はきみこさんと言って、バレエだけに限らず、ピアノを演奏して発表会にまで出ていた方でした。 私がバレエスタジオに通いはじめた頃、私は男性一人ということもあり、誰とも喋らず、目も合わさず、何処にも自分の居場所を感じずにいた時、きみこさんはバレエ初めて入門という初心者用の本を持ってきて貸してくださいました。それからはことあるごとに私に声