top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

一人でいることの大切さを、最近実感しています。

一人でいられるようになる。それは、自分の足で立ち、誰かに依存しないということです。

一人になるのが大の苦手な私だからよくわかります。常に誰かに支えてほしい、分かってもらいたい、守ってもらいたい、愛されたい、そんな甘えが今までは普通でした。


そして物理的に一人になっても、パターンは騒ぎます。一人が、孤独が嫌だと・・・寂しいと・・

そんな時パターンは誰かを考えたり、頭の中で誰かと会話したり、想像の世界に逃げ込みます。そして一人ではない自分の世界を作ります。これが、パターンの世界です。


そして本当に一人でいるというのは、その頭の世界にも逃げ込まずに、目を見開いて現実を見て、自分で自分を支え、自分をリードし、そして自分を理解する。だから他人にもそれができるようになるのだと思いました。そして一人でいられる自分というのは、あらゆることの基礎になるのではないかと思います。人は一人になって初めて背筋を伸ばして凛と立っていられるようになるし、本当の大人になれるのだと思います。


この精神的に一人でいられる自分、育てようと思う。

最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Comments


bottom of page