top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

一人になりたくない、という私のパターン

いつからだろう、このパターンがあるのは・・・

もう随分昔からこのパターンはあった気がします。それこそ10代20代の前半の頃から定かではありませんが、もう随分長い付き合いだと思います。


どうして一人になりたくないのか??

まずは、一人は寂しいというのがあります。そして一人では自信が持てないし、一人では自分を支えられない、そんな思いをパターンは抱いています。

誰かが側にいてくれれば安心できて、自信が持てて、寂しくない、だからパターンは一人が嫌なのです。しかし、そんなパターンの願望を思い通りに埋めてくれる存在はいません。寧ろ相手に負担を強いることになるでしょう。なぜなら相手を利用しているから。


まずはそんな自分のパターンを知ること、それから本当の私はどうありたいのか・・どうしたいのか・・他人を利用し自分を満たすことが本当にやりたいことなのか・・そんな問いを自分にすると、もうそこは卒業して、一人の大人として責任ある行動をしたい、そんな思いが湧き上がります。


●一人になりたくない、その対にある白パターンは、○一人でもいい。

そこには、本来の自分の在り方があるような気がします。

最新記事

すべて表示

やっぱり自立

ここにきて、やっぱり自立が私にとって一番大きな課題なのだと思います。 今まで私のパターンは誰かに、何かに自分を支えてもらいたくて、分かってもらいたくて、受け入れてもらいたくて、それこそ必死に、それがないと生きられないとさえ思い今日に至りました。 母親に対する依存的なパターンも、地位や権力や財力に依存するパターンも求めているところは同じで、思い通りに分かって欲しい、愛してほしい、思い通りの人生にした

ショボーン

昨日、ピアノレッスンの帰り道、しょぼ〜んと、妙にぐったりして帰りました。 久しぶりに、しょぼ〜ん、とした気がします。 しょぼ〜んとした原因は、レッスンの際に「汚い!音が汚い!ダメダメ!切るな!」の言葉を連発して浴び、あんなに練習してきたのにそんな言い方しなくたって・・・音符を読んで弾くのが精一杯だよ・・というパターンの思いに飲み込まれて、しょぼ〜んとしてしまったのです。 心がしょぼ〜んとして、体は

Comments


bottom of page