• 渡邊 優

人はこの世に一人で生まれ、一人で生き、そして一人で死んでゆく。

その旅路の中で人は、学校へ通い、他者と共に学び、他者と仕事をし、家族を形成し、自分が何者であるか(父親、母親、息子、娘、職業、妻、夫)を創造し、自分の人生を歩んでいく。


その中で人は、時に成功し、時に失敗し、喜び、悲しみ、嘆き、歓喜し、自分の価値を認識してゆく。


他者と共に学びながらであっても、一人の人間としての尊厳を持ち、自分だけの人生を創造していくことに意味を感じます。


それは・・・

他者の承認がなくても、自分自身に価値を感じ、自分を尊重することができる自分。

他者の理解がなくても、自分自身を誰よりも深く理解し、愛し、許せる自分。

他者からの愛情がなくても、誰よりも自分自身を慈しみ、愛しむことができる自分。

そんな「私」になりたいと、誰もが願い、何回でもこの世に生を受ける。

今度こそ、今度こそはと決めて、またこの地球に生まれてくる。

過去生の全てを忘れて。

なぜなら、忘れた方が執着しないで学べるから。


大変な過ちを犯した過去生であれば、罪の意識に苛まされて学びどころではなくなってしまう。

そんな大いなる慈悲のもと、全てを忘れてまたやってくる。

だからこそ、一人で生きることの意味がある。


そんな風に考えてみても良いかも。



最新記事

すべて表示

尊厳

先日の今年初の茅ヶ崎セミナーでは、最近の度重なる出来事を含め、自分の課題をしっかり認識することができました。それは自分の尊厳の回復。「相手を優先し、自分が我慢することが美徳」もしくは「理解あることが良し」など、それは自分が執着から離れたくないだけの理由でした。 ついにこの時がきたか、そんな心境です。それはずーっと手放したくなかったものを認め、依存や執着から卒業していく、子供の時に絶対に手放したくな

全ての男は消耗品である・・

最近父とよくLINEで会話をする。今年でもう76歳になる父なのだが、LINEを普通に使いこなしている。孫達も父とLINEをしていて、チャレンジャーだね!などと言われ喜んで最近のSNSを使い込んでいる。そんな父からのLINEで特に多いのが母親の愚痴である。息子から見ても、ちょっと可哀想だな・・などと思うくらい詰め寄られて、こっ酷く何かを言われている。母から伝わるのは、「男性に対しての怒り」で、このエ

回復

ここ数日似たような事がおこり、あんなこと言われたくなかったのパターンが騒いで疲弊していました。しかし睡眠の力というのは素晴らしく、あれほど疲れ切っていたにも関わらず、体力も気力も回復させてしまう。まるで寝ている間にどこかで充電をしてきたかの如く、エネルギーが満ちてくるのを感じました。特にワークをした後の睡眠からの回復は素晴らしく、生まれ変わったかのような気にさせてくれます。 何の歌だったかはさっぱ

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com