• 渡邊 優

人はこの世に一人で生まれ、一人で生き、そして一人で死んでゆく。

その旅路の中で人は、学校へ通い、他者と共に学び、他者と仕事をし、家族を形成し、自分が何者であるか(父親、母親、息子、娘、職業、妻、夫)を創造し、自分の人生を歩んでいく。


その中で人は、時に成功し、時に失敗し、喜び、悲しみ、嘆き、歓喜し、自分の価値を認識してゆく。


他者と共に学びながらであっても、一人の人間としての尊厳を持ち、自分だけの人生を創造していくことに意味を感じます。


それは・・・

他者の承認がなくても、自分自身に価値を感じ、自分を尊重することができる自分。

他者の理解がなくても、自分自身を誰よりも深く理解し、愛し、許せる自分。

他者からの愛情がなくても、誰よりも自分自身を慈しみ、愛しむことができる自分。

そんな「私」になりたいと、誰もが願い、何回でもこの世に生を受ける。

今度こそ、今度こそはと決めて、またこの地球に生まれてくる。

過去生の全てを忘れて。

なぜなら、忘れた方が執着しないで学べるから。


大変な過ちを犯した過去生であれば、罪の意識に苛まされて学びどころではなくなってしまう。

そんな大いなる慈悲のもと、全てを忘れてまたやってくる。

だからこそ、一人で生きることの意味がある。


そんな風に考えてみても良いかも。



最新記事

すべて表示

向き合うことで・・

「思い通りじゃなかきゃ嫌だ」 というパターンと向き合い始めて、思い通りにならない出来事や現実を突きつけられています。 それは思い通りにならない他人、状況、出来事、気持ち、自分自身と様々ですが、そこで分かったことがいくつかありました。それは思い通りにならない現実に抵抗すればするほど、抗えば抗うほど(現実に抗うではなくとも、心の中で受け入れられない状態だと)苦しむということ。 今私は「思い通りじゃない

半沢直樹

今日は大人気ドラマ、半沢直樹について書いてみます。 日曜劇場の半沢直樹は見ている方も多いと思いますが、私も毎週欠かさずに見ています。 その中でも私を惹きつけるのは、やっぱり直樹のアホほど真っ直ぐで、実直で正直なところ。 自分の仕事にしっかりとした哲学を持ち、様々な困難に合いながらも自分の信じた正義を貫くその姿は憧れるところでもあり、きっと自分もそうありたいと思っているのだとも思う。 長いものには巻

​人成道

〒253-0033 神奈川県茅ヶ崎市汐見台

©2019 by 人成道. Proudly created with Wix.com