top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

自立するということは、自分の全てを引き受けていくことなのかもしれない。

紆余曲折ある中で、様々にブレる自分という個体をなんとか保ちながら生きていく。

それをスムーズに楽にしてくれるのがワークで、一言で言ってしまえば、ワークに全てが詰め込まれているのだと思いました。


その昔思い通りにいかない出来事があり、不安や恐れやがあった時、語りかけから白黒ワークまで初めて通してやってみて、スーッとそれら不安や恐れが消えていき、一体何が起ったのか?と、驚きと感動をしたのを覚えています。

それは何かのギフトだったのかもしれないし、当然の流れだったのかもしれません。

しかし、今はっきりと分かることは、語りかけワーク、白黒ワーク、中立ワークが全ての元にあり、それが今新たな自分を作っていっている。


それは、今までとは明らかに違う自分で、自分を成長させるものでもあり、自分を支えてくれるものでもある。それが、自分の全てを引き受けていくことにつながり、自己完結という新たな自立に向かっていくのだと思いました。

最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

Commentaires


Les commentaires ont été désactivés.
bottom of page