top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

パターンは、思い込み、決めつけ、きっとこうだ、そうに違いないと信じ込み、その仮想世界を自らこしらえて、その世界を生きます。そうすると本来の現実が中々見えなくなるのだと思いました。


現実を知ることは大事なことだと思います。

そのためにもちゃんと聞き、分からないことは遠慮なく質問することが大切なのだと思いました。そうやって他の現実を知ったり、目の前で起こっている事実を理解するのだと思います。


そしてこれが大事なことですが、自分の現実もちゃんと知ると言うことです。

自分のレベルを知り、どのあたりに自分がいて、そして自分の癖や特徴を理解し、その自分で歩むということ、それが、現実を知り、現実を生きるということだと思いました。


人はよく3割増で自分のことを過大評価すると言いますが、そう思いたい、もしくはそう思われたいパターンがあるのだと思います。と言うことは、そう思わないと今まではやってこれなかったということです。パターンという様々な癖や特徴を持ちながらも、この自分でもう大丈夫だな、やっていけるな、そう思い、受け入れることが、現実を生きる強さにつながるのだと思いました。


リアルを生きよう。

最新記事

すべて表示

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

人は結局のところ

自分で自分のパターンのケアをしていると、人は結局のところ一人なのではないか・・・そんな思いが湧いてきます。自己探究をしていると、自分にしかできないことがほとんどです。 自分で自分のパターンを見つけ、パターンをケアし、そして白パターンを選び、実行に移していく。 途中、それはパターンなんじゃない?と先生から教えられることはあっても、実際にやるのは自分です。そうやって私という人間を新たに作り変えています

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page