• 渡邊 優

ライフセーバーを始めました。

黄色いTシャツを着て、黄色いレスキュボートを漕いでいるあれです。


今年の夏は3年ぶりの海開きで混雑が予想されるのと、人が全然足りていないとのことで、知り合いから手伝って欲しいとの要望があり、週1〜2回お手伝いする運びとなりました。


やることとと言えば、溺れている人がいないか、流されている人がいないかの監視と救助、それにヤカラが酔っ払っていれば注意をしたり、駐輪場の整備をしたりするそうです。


その中でやっぱり苦手だな〜と思うのが、ヤカラ・・ヤカラ・・ヤカラ・・

タトゥーバキバキのコワモテのお兄さんに、お酒飲んで海に入らないでくださ〜い!と注意喚起をするのですが、色々とトラブルがあるようです。

喧嘩、急アル、酔っ払って海に入って流される・・そのあたりはどうやら定番のようで、元々ビビりの私が務まるかどうか。そんな海でやる何でも屋さんのようなことをやってきます。


とにもかくにも、やるからにはベストを尽くして、自分のできる限りのことをやってこようと思います。さてさて、今年はどんな夏になるのか楽しみでもあります。



最新記事

すべて表示

明日から今週いっぱい夏休みにしようと思います。 理由はですね、コロナ明けで体力が完全に戻っていない上に、この炎天下でのライフセーバーが思いのほか熱中症ぽくなり、帰ってくると何もする気になれない・・・というのが本音です。 若い頃はどんなに暑くても仕事をして、外で元気に遊んでを繰り返していたのですが、ここのところその体力も気力も落ちているのに気がつきました。まぁいつまで経ってもギラギラしたおじさんも困

実はコロナになった時、私の中では大変なことが起こっていました。 発熱する前日に会っていた彼女に、移してしまったのです。 彼女の家には80歳を過ぎたお父さんと、70歳の心臓に疾患を抱えたお母さんが同居していて、その高齢のご両親のことを考えた時「やべぇ!爺さんと婆さん死んじまうよ〜〜!こんな高熱耐えられねぇよ!」と焦りに焦りまくったのです。 焦りに焦った私は、病院からもらった薬を持って彼女のところまで

ライフガードのバイト、久しぶりに行ってきました。 このバイト、結構楽しいです。何よりも人に感謝される機会が多いです。 特段何かするわけではないのですが、子供たちが泳いでいる姿を事故のないように見守っていると、色々な人が話しかけてきて、ご苦労様と挨拶をしてくれます。小さい子供にまで頑張ってくださいと言われます。 そんな調子ですから、儲けることや、利益や売上重視で仕事をしてきた私にとってはとても新鮮で