• 渡邊 優

ライフガードのバイト、久しぶりに行ってきました。

このバイト、結構楽しいです。何よりも人に感謝される機会が多いです。

特段何かするわけではないのですが、子供たちが泳いでいる姿を事故のないように見守っていると、色々な人が話しかけてきて、ご苦労様と挨拶をしてくれます。小さい子供にまで頑張ってくださいと言われます。


そんな調子ですから、儲けることや、利益や売上重視で仕事をしてきた私にとってはとても新鮮で、驚くことも多いのです。まず、競争というものがありません。チーム内で争ったり、マウントすることもされることもなく、チームワークを大事にしているのが伝わってきます。


雑用も多いです。

風で遥か沖に飛んで行ってしまったボールを、お母さんと子供が取ってきてほしいとお願いしにきます。「マジで?あの遠いやつ?」と子供に聞くと、うんと小さく頷くのです。

しょうがないのでレスキューボートを漕いで取りに行くと、ボールが戻ってきた時に子供とお母さんに感謝されます。まったくしょうがねーなーと思いながらも、小さな喜びを感じます。


もしかして仕事って、誰かの、何かの役に立つことなのかもしれないと初めて思いました。

それが、お金という対価に変わっているのだなと。


そう思うと今までは、自分の黒パターンを満たすために仕事をしてきたなと思いました。

自分がお金を得るため、自分が認められるため、周りからすごいと思われるため、勝つため、上になるため、その全てが自分のためであったと。


仕事に対する新たな意味づけを、ライフガードから学んでいる気がします。

最新記事

すべて表示

先祖にお祈りをする際、状況がキツイ時や迷っている時など、よく助けて!どっちに行ったらいい?と問いかけていました。それは、こちらからのお願いという祈りだったのです。しかしその返事はあるわけも無く、なんとなく惰性で自分で決めてきました。で、最近思ったのが、祈りの基本は感謝だよね、というものです。 今私が生きていられるのは先祖がいたからこそです。その血を受け継いで、今この肉体が存在しています。そして天や

『私のマントラ』 今、〜さんの言った言葉に私のパターンが引っかかりました。 しかしそれは、〜さんのせいではありません。 私が自分のパターンをケアしていなかったからです。 これから、そのパターンをケアしていきます。 〜さん、ありがとうございました。 あんなこと言われたくなかった、こんな扱いされたくなかった、色んなパターンに引っかかった際、私はまず最初に、このマントラを唱えます。 そしてとても不思議な

「嫌なことがないと人は成長しない・・」 先日の2日間のセミナー後、食事の際に先生が言った言葉です。 自分のことを思い返しても、成長してきた場面は常に嫌なことがありました。嫌なことがあって初めて自分と向き合い、パターンを見つけて語りかけをし、白黒ワークで白パターンを選んで実践していく。その過程では、未熟な今の自分を知り、反省する過程もあります。そんな自分を許しながら、人は成長するのだと思いました。