top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

ライフガードのバイト、久しぶりに行ってきました。

このバイト、結構楽しいです。何よりも人に感謝される機会が多いです。

特段何かするわけではないのですが、子供たちが泳いでいる姿を事故のないように見守っていると、色々な人が話しかけてきて、ご苦労様と挨拶をしてくれます。小さい子供にまで頑張ってくださいと言われます。


そんな調子ですから、儲けることや、利益や売上重視で仕事をしてきた私にとってはとても新鮮で、驚くことも多いのです。まず、競争というものがありません。チーム内で争ったり、マウントすることもされることもなく、チームワークを大事にしているのが伝わってきます。


雑用も多いです。

風で遥か沖に飛んで行ってしまったボールを、お母さんと子供が取ってきてほしいとお願いしにきます。「マジで?あの遠いやつ?」と子供に聞くと、うんと小さく頷くのです。

しょうがないのでレスキューボートを漕いで取りに行くと、ボールが戻ってきた時に子供とお母さんに感謝されます。まったくしょうがねーなーと思いながらも、小さな喜びを感じます。


もしかして仕事って、誰かの、何かの役に立つことなのかもしれないと初めて思いました。

それが、お金という対価に変わっているのだなと。


そう思うと今までは、自分の黒パターンを満たすために仕事をしてきたなと思いました。

自分がお金を得るため、自分が認められるため、周りからすごいと思われるため、勝つため、上になるため、その全てが自分のためであったと。


仕事に対する新たな意味づけを、ライフガードから学んでいる気がします。

最新記事

すべて表示

努力

努力について・・・ 努力している、頑張っている、感を出す人が苦手・・というパターンがあります。 なぜなら、努力は人に見せるものでもないし、一人でやるものだからです。だから妙に頑張っている感をアピールする人が私は苦手なんですね。 ですがこれ、私の哲学にも通じている部分があって、もう随分昔に先輩から教わったことなんです。 その先輩はこんなことを言っていました。 ゆたか、努力はな、ウンコと一緒だ。 「何

傷つくということ

私には「傷つくのが怖い」という大きなパターンがあります。 なぜならば、身も心もボロボロになって、暗闇の中に堕ちるし、立ち直れなくなって、生きていけないから、というものです。このパターンが強いと恐怖と不安が優ってしまい、なかなか勇気ある行動が取れません。それは対人関係で、自分の思ったことや感じたことを素直に言えなかったりします。余計なことを言って怒られたり傷つくのが怖いんですね。 そんな「傷つく」と

怒られる

私はこの歳になって、ピアノの先生やカウンセリングを習っている先生から怒られることがあります。 そして、怒られるのが非常に苦手でもあります。それは、自分はできていると思っているからあれこれ言われたくもないし、自分は正しいと思っているから否定されたくもないわけです。そしてプライドもあるので、あんまり本当のことを言われるとプライドが壊れてしまうとも思っています。そんなわけで、私のパターンは怒られることが

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page