top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

パターン引っかかって、モヤモヤ感を抱いている時、最近そのモヤモヤがあったままでいい、を選んでいます。


以前はそのモヤモヤ感に耐えられず、とにかくワークをしてスッキリし、早く楽になろうとしていました。それ自体が「モヤモヤは嫌だ、苦手だ」というパターンだったのですが、ここ最近は、そのモヤモヤを持ったまま生活する。ということを試みています。


すると意外にもそのモヤモヤ感は耐えられないほどのものでもなく、あるものをそのままとして受け入れている感じがあります。きっと今まではモヤモヤに抵抗するあまりモヤモヤも強く抵抗してきたのだと思いました。


語りかけにある「そのままでいい」というフレーズは、自分の中にある全てにおいて、そのままを受け入れることだと今更ながらに気付かされました。


こうやって少しづつ、今日も私を育てる。

最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page