• 渡邊 優

先週末、湘南テラスモールで買い物をしようと衣料品店を見ていたら、気になるダウンジャケットを見つけて試着していたら、そのお店の店員さんに「それ良いですよね!今着ているダウンはフィルパワー低いようですが、低いフィルパワーのものが好きなんですか?」と聞かれました。

私は、カッチーーーーン!ときて、ムカっとしたのです!


フィルパワーとは、ダウンの品質を表す値で、フィルパワーが高ければ高いほど暖かくて軽く、品質もよく値段も高い。そして低ければ低いほど値段も安くて品質も悪いというものです。


そんな自分の着ていたダウンジャケットを見下されたような、馬鹿にされた気がしてえらい腹が立ったのです。怒りのこもった、はぁぁあ?という私の顔に気づいたのか、店員さんとはその後話の噛み合わない変なやりとりをして店を出ました。内心はムカつきすぎて買う気も失せ、絶対ここではお金使わない。そう決めたのです。


パターンとしては、「舐められたくない」「馬鹿にされたくない」「負けたくない」この辺りだと思います。勿論帰ってから、あんなこと言われたくなかったという語りかけをして、白黒ワークでは「もう他人の評価に囚われるのはやめよう」を選んで落ち着きました。


自分のイメージとして、成長するとは、なんでも許せて、そうだよね、いいよいいよと何一つ引っかからない、聖人君主のようなイメージが昔はありました。

しかし蓋を開けてみると、どんどん自分の感情に敏感になり、どんどん自分に正直になっていく。

自分の個性や性格がハッキリとわかってきて、それをどう扱うかということが、重要だと思うようになりました。


成長するって、自分が変わることじゃなく、元々ある自分をどう扱っていくか、そういうことなのだと思います。

最新記事

すべて表示

決める、ということがとても大事だと実感しています。 決められずにあれこれ考え、悶々としている時間が一番心身に不健康なのだと思いました。 しかしそこを経ないと、自分が本当にどうしたいのかがわからないのも、この私という人間なんだと思います。 それゆえに、これもパターンであったな、と思いました。 毎回思うのですが、一つのパターンを超えると一つ視野が広がり、見える景色も感覚も変わってきます。そして以前の自

自分に嘘をつく、ごまかす。 これって、すごいシンドイことなんだと思いました。 人間って本当によくできていて、自分を誤魔化しながら生きれるようにはできていないのだと思います。きっとそれを続けると、体を壊したり、心を壊したり、精神を病んだりするのだと思いました。 私は今一つの交差点に立っていて、どちらに行くかと悩んでいます。 色々なパターンがごちゃごちゃになって、今しっ散らかっている状態ですが、答えは

自分の思考を観察していると、正しいか間違いか、損か得か、そういった物差で物事を判断しているように思いました。正しく、得であれば良い決断で、間違っていて、損であれば悪い決断として結果を判断しているのだと思います。要は自分にとっての、正しくて得する決断に執着しているのだと思いました。きっと成長とは、この結果に執着しないことなのだと思います。言い換えるならば、自分の間違いも損も受け入れられるということで