top of page
  • 執筆者の写真渡邊 優

先週末、湘南テラスモールで買い物をしようと衣料品店を見ていたら、気になるダウンジャケットを見つけて試着していたら、そのお店の店員さんに「それ良いですよね!今着ているダウンはフィルパワー低いようですが、低いフィルパワーのものが好きなんですか?」と聞かれました。

私は、カッチーーーーン!ときて、ムカっとしたのです!


フィルパワーとは、ダウンの品質を表す値で、フィルパワーが高ければ高いほど暖かくて軽く、品質もよく値段も高い。そして低ければ低いほど値段も安くて品質も悪いというものです。


そんな自分の着ていたダウンジャケットを見下されたような、馬鹿にされた気がしてえらい腹が立ったのです。怒りのこもった、はぁぁあ?という私の顔に気づいたのか、店員さんとはその後話の噛み合わない変なやりとりをして店を出ました。内心はムカつきすぎて買う気も失せ、絶対ここではお金使わない。そう決めたのです。


パターンとしては、「舐められたくない」「馬鹿にされたくない」「負けたくない」この辺りだと思います。勿論帰ってから、あんなこと言われたくなかったという語りかけをして、白黒ワークでは「もう他人の評価に囚われるのはやめよう」を選んで落ち着きました。


自分のイメージとして、成長するとは、なんでも許せて、そうだよね、いいよいいよと何一つ引っかからない、聖人君主のようなイメージが昔はありました。

しかし蓋を開けてみると、どんどん自分の感情に敏感になり、どんどん自分に正直になっていく。

自分の個性や性格がハッキリとわかってきて、それをどう扱うかということが、重要だと思うようになりました。


成長するって、自分が変わることじゃなく、元々ある自分をどう扱っていくか、そういうことなのだと思います。

最新記事

すべて表示

自分を律する

自分を律することに、喜びがあるのだと思います。 それは、真善美に向かって自分を進めているからのような気がします。 昔の方は作法や礼儀を重んじていました。そこに美学があり、そして真善美があることを知っていたのだと思います。自分を整え、そして律し、あるべき本来の自分へと回帰させることに、心地よさやスッキリ感を覚え、そこに向かって自分を鍛錬していたのかもしれません。 私の、楽したい、甘えたい、自由でいた

終わりはない

これができて終わり、や、定年や退職、卒業のように、この魂の学びに終わりはないのだと思いました。以前、この終わりのない魂の学びや取り組みを頭で理解した時、マジか・・・と思いました。 パターンからすると、早く卒業して楽になりたい、早く済ませて解放されたい、学びとはそういった終わりのあるもの、また面倒臭いものだと思っていたのです。 しかし自分の歩みを実感していくうちに、終わりのないことが面白いのかも、ど

Comentários


Os comentários foram desativados.
bottom of page