• 渡邊 優

先週末、湘南テラスモールで買い物をしようと衣料品店を見ていたら、気になるダウンジャケットを見つけて試着していたら、そのお店の店員さんに「それ良いですよね!今着ているダウンはフィルパワー低いようですが、低いフィルパワーのものが好きなんですか?」と聞かれました。

私は、カッチーーーーン!ときて、ムカっとしたのです!


フィルパワーとは、ダウンの品質を表す値で、フィルパワーが高ければ高いほど暖かくて軽く、品質もよく値段も高い。そして低ければ低いほど値段も安くて品質も悪いというものです。


そんな自分の着ていたダウンジャケットを見下されたような、馬鹿にされた気がしてえらい腹が立ったのです。怒りのこもった、はぁぁあ?という私の顔に気づいたのか、店員さんとはその後話の噛み合わない変なやりとりをして店を出ました。内心はムカつきすぎて買う気も失せ、絶対ここではお金使わない。そう決めたのです。


パターンとしては、「舐められたくない」「馬鹿にされたくない」「負けたくない」この辺りだと思います。勿論帰ってから、あんなこと言われたくなかったという語りかけをして、白黒ワークでは「もう他人の評価に囚われるのはやめよう」を選んで落ち着きました。


自分のイメージとして、成長するとは、なんでも許せて、そうだよね、いいよいいよと何一つ引っかからない、聖人君主のようなイメージが昔はありました。

しかし蓋を開けてみると、どんどん自分の感情に敏感になり、どんどん自分に正直になっていく。

自分の個性や性格がハッキリとわかってきて、それをどう扱うかということが、重要だと思うようになりました。


成長するって、自分が変わることじゃなく、元々ある自分をどう扱っていくか、そういうことなのだと思います。

最新記事

すべて表示

セミナー一日目が終わりました。 まだ一日ですが、すでに一年分学んだ気分です!笑 私のヒットしたテーマとしては、鎧を脱ごう!というもの。 そもそもここで言う鎧とは、プライドだったり、保身だったり被害者意識や特権意識です。 それらの鎧は人を停滞させてしまう。 プライドは自分を特別扱いして自分を守り、特権意識は安住の地にいて問題から自分を遠ざけ、被害者意識は甘えを産んでしまう。それらを停滞と呼ばずしてな

今日はこれから魂の道場、茅ヶ崎セミナーです。 年内最後のセミナー、今年自分はどうだったか。そんなことを自問自答しながら、セミナー会場まで向かおうと思います。 ここ最近ヒョンなことから自分の核というべきパターンを発見し、それに翻弄されたり、はたまた冷静に対処出来たりと、そんな新たな課題に取り組み始め、来年に向けての助走が始まっている気がします。その辺りも含め、今回のセミナーでは教えてもらおうと思いま

結局のところ、全ての自分を認めるしかないのだと思いました。 俺様というパターンがあり、プライドもある自分。それを受け入れ、認めていくことからしか前に進めないのだと思います。 認められない間はずーっとパターンが燻り、ストレスと息苦しさを感じます。しかし、もう認めるしかないと諦めた瞬間から、肩の荷が降りて、ほんの少し、身軽になります。 自分の中で行われている一人相撲・・・ 理想を求めている自分と、現実